福岡県春日市の外壁塗装・塗替えリフォームはハヤトリフォームへ!

メイン画像
  • 施工実績
  • プロフェッショナル
  • お見積り
  • 専門店プラン

トップページ  >  知っておきたい基礎知識

知っておきたい基礎知識 知って得する4つのポイント

外壁塗装用の塗料について

種類用途

塗料の種類と用途を解りやすくお話します。
塗装の目的は大きく分けてふたつ、ひとつは塗装対象の保護、もうひとつは美化です。 定期的な塗装は、雨や風、太陽光線などから塗装対象を守ってくれます。 最近では特にこの保護の目的に加えて、色を楽しみ個性的にカラーコーディネイトする世界も広がりました。

油性水性

ひと昔前までは、塗料といえば油性と考えられていました。 今は水でうすめられ刺激臭もない水性塗料が豊富に出回っています。 引火性もないことから安全、乾いてしまえばもちろん水に溶けることはありません。 その他の塗料としては、ラッカー系などの溶剤系の塗料が挙げられます。

歴史種類

歴史的には紀元前のエジプトで天然樹脂と植物油からワニスが作られ、ミイラの木棺に塗られていました。日本では縄文時代から漆塗料が土器や木工品に塗布されていました。西欧では十七世紀から日本では明治10年代半ばから製造が始まりました。建築で使う代表的な塗料はアクリル・ウレタン・シリコン・フッ素の四種類です。さらに各メーカーは独自に特殊な樹脂や溶液を混入させ機能性のある製品にします。その他に今話題の光触媒塗料があります。それは植物が行う「光合成」によく似ています。家の外壁が空気浄化するのです。 このように色々な種類があります。でもどんな材質でも塗ったらキレイに見えます。しかし、問題は五年後、十年後、二十年後です。

耐久性

塗料の種類で長持ちする年数が決まります。

今の塗料は技術開発が進み極端に悪い製品はありません。それゆえにどの製品カタログを見ても高性能・高耐候ですなど商品のいい面だけ強調してあります。住宅の塗料はアクリル・ウレタン・シリコン・フッ素などの樹脂が主です。
この樹脂にセラミック(陶磁器の粉末)を入れたのが、「セラミック塗料」、さらに防カビ剤や低汚染剤を入れて付加価値を付けて「低汚染方アクリルセラミック防藻塗料」になります。長持ち度をみると、アクリル三年・ウレタン五年・シリコン七年・フッ素が十二年程度で劣化が始まります。どの塗料でも太陽の紫外線・熱・水分・風等により年数がたつと次第に劣化していきます。最近は特に酸性雨の影響で予想より早く劣化が進むようです。最初に塗装面の表面の樹脂が変色・退色が見られるようになります。 次にチョーキングが発生します。チョーキングとは色成分の顔料がチョークの粉状になる現象です。手で触ると白く付きます。やがて割れ・浮き・建物の本体そのものに影響を及ぼすようになります。コンクリート住宅の場合だと、ひび割れから見ずが入り爆裂(コンクリートのかぶり部分の鉄筋が腐食によって剥離した劣化症状)や欠損を引き落とし、水漏れや強度がなくなります。

サブタイトル

サイディングボード

初期の住宅外壁はモルタル塗りのあと、塗装する工法でした。 近年はモルタル塗りに代わってサイディングボードを張る工法が主流です。
モルタル塗りに比べてサイディングボードを張った方が建設コストも下がるし後期短縮にもつながります。 また、モルタルと比較して、ひび割れが少ないようです。塗り替え次期の目安は手で触って白い粉が付いてきたら要注意、雨が降ったあと壁が雨を吸収していつまでも濡れていると、危険信号です。 サイディングボードの成分はセメントと紙なので、大量の水分を吸収すると厚みを増し、変形するのです。さらに、ボードをつないでいるコーキングが割れて、そこから湿気や水が侵入する場合もあります。
常に濡れたままでいると、内部に湿気や水分が残り木材が腐ったりします。未然に防ぐ為にも防水機能が低下する前に検査して適切な処理をしましょう。

サブタイトル

部屋の空気が冷たいものに触れて空気中の水蒸気が水滴になる現象結露と言います。結露はカビやダニが繁殖する原因となり、ひどくなると家具の裏側や壁、押し入れの中までシミやカビができてしまいます。そして、進行すると壁の表面はもとより建物の内部までも腐食させてしまいます。また、カビやダニはぜんそくなどのアレルギーを起こす原因にもなります。

サイディングボード

【 寝 室 】

就寝前の5分前程度窓を開け室内の温度を下げます。 そうすることで温度の下がる朝方の結露が軽減されます。

【 浴 室 】

入浴後は浴槽のお湯をすぐ排水するかフタを閉め、浴室の窓を開けたり換気扇を回して乾かします。また、浴室に水をまき温度を下げると効果的です。もちろん浴室の扉の開放は厳禁です。

【 キッチン 】

調理時・炊飯時・皿洗い時は換気扇を回し水蒸気の拡散を防ぎましょう。

【 リビング 】

石油ストーブは発熱と同時に水蒸気を出します。 冬は乾燥すると言ってもやかんをのせたり加湿器を併用する必要はありません。 こまめに換気を行い空気の入れ換えと共に湿度を下げましょう。 これらの点に気をつけ、カビ・ダニの原因となる結露を防ぎ、健康な住宅で快適な生活を送りましょう。

サブタイトル

キッチン

【 ガスコンロ 】

五徳・受け皿・バーナーをはずしてから、スポンジに液体クレンザーをつけてこすり、水ぶきしてふきとります。細かなところや凹凸のある場所は歯ブラシでこるするときれいになります。

※汚れのこびりついてしまった五徳や受け皿は、固まった汚れに直接火をつけて焼き取るか、大きな鍋に入れてグツグツ煮ると、汚れがとけて剥れてきます。このとき酢を入れると更にに効果が出ます。
※コンロ下やまわりの壁にも油が飛び散って汚れています。ひどい汚れは、住居用洗剤、または油汚れ用洗剤をスプレーして、ラップで湿布して少しおいてから、こすってみましょう。
※バーナーの穴が詰まっていると、危険なうえに、ガスの無駄になってしまいます。歯ブラシなどで定期的にお手入れしましょう。

【 シンク内 】

ステンレスのシンクの手入れは、さびたり変色したりするおそれもあるので、台所用中性洗剤をつけたスポンジで。汚れが目立つときは液体クレンザーで。その他の洗剤やスチールたわしなどは使わないように気をつけます。

※排水溝のダストカゴや三角コーナーは、網目に汚れがつき、洗いにくいものです。ゴミ袋などにたっぷり水を入れ、酸素系漂白剤を加えたものへ、つけおきして落としましょう。

洗面所

水はねをうっかりそのままにしておいたり、水滴がついたままにしておいたりすると、くもりの原因になるうえに、水の成分のカルシウムやマグネシウムが固まってなかなか落とせなくなってしまいます。使うたびに洗面台と洗面ボウルをぐるっとふきあげておく習慣をつけるとよいでしょう。洗面ボウルは、水アカ、石鹸アカ、化粧品や整髪剤、体の皮脂、ほこりなどが汚れの原因となっており、時間がたつほど汚れは落ちにくくなります。 使った人が水アカ取り用のスポンジなどでさっとこすって、水で流しておけば、洗剤も必要なく、こびりつくこともありません。 そのあとは、忘れずに水滴を残さずふきとっておきましょう。洗面台のまわりの床も、水滴が飛びちって汚れやすいところです。 気がついたときに水ぶきしましょう。

※バーナーの穴が詰まっていると、危険なうえに、ガスの無駄になってしまいます。歯ブラシなどで定期的にお手入れしましょう。

【 ポイント1 】

水だけでは落ちない細かい部分の汚れは、古歯ブラシを使ってこすります。液体クレンザーや、歯みがき剤をつけてみがくと、よく落ちます。それでも落ちない場合は、クレンザーと酢を混ぜたものでこすると効果的です。そのあと水洗いして、乾いた布でふきとっておきましょう。

【 ポイント2 】

顔に化粧水をつけた後、化粧水のしみこんだコットンでついでに鏡を磨いてみましょう。 化粧水のアルコール成分できれいになります。 また、シェービングローションで鏡を磨くと、くもり予防になります。

【 ポイント3 】

レモンの切れ端で洗面ボウルをこすると汚れがきれいになります。ほのかなよい香りもしてお得な方法かもしれませんね。

【 水 滴 】

水滴をとるクセをつけましょう。ピカピカの洗面ボウルやカウンターが次第にくもってくるのは、水あかや石けんかすが原因です。 手や顔を洗うたび、飛んだ水しぶきを拭き取っておくと、お手入れがラクになります。

【 70%収納でラクしてすっきり 】

トイレや洗面所のカウンターに物がいっぱい置いてあると、ホコリを払うのも面倒で、ついそうじをなまけがちになりますね。 使う最小限のものだけを出しておくことが、おそうじ上手への近道です。 キャビネットの収納もぎっしりつめこまずに70%以内に収めておくと、物を動かす手間も少なくなります。

【 ヘアピンのさび 】

カウンターや洗面ボウルにヘアピンなどを置いたままにしておくと、ヘアピンから出たサビが付着してしまう事があります。放っておくと、サビがひどくなりますので、早めにとるようにしましょう。サビの部分にあらかじめお湯をかけて、温めておきます。パウダーをスポンジか歯ブラシに取り、きづつけないように注意しながらこすります。水で洗剤成分を洗い流し、乾拭きして水分を取り除きましょう。

※熱湯はNG。洗面器に熱湯を注ぐと、ヒビが入ってしまうことがあります。その理由は、陶器はガラス同様に熱が伝わりにくいので、熱湯が触れるとその部分だけが膨張してしまいヒビが入ってしまうのです。万一割れた場合は修理がきかないので取り替えるしかありません。ご注意ください。

浴室

浴室をらくに清潔に保つには、汚れが蒸気でゆるんでいる入浴後に掃除するのがいちばんです。最後に入浴した人が、残り湯を使って浴槽をスポンジでサッとこすります。温かいうちなら洗剤は必要ありません。浴槽の外側・壁・床・バス用品なども同様にスポンジでこすっておきましょう。そのあと、シャワーで水を浴室全体にかけて流し、湯気をとって、使用後のバスタオルなどを利用してふきとっておきます。
日ごろのお手入れをおっくうがらず簡単にすませておくことで、汚れもカビも防げるものです。洗剤を使った掃除は毎日する必要はなく、週に一度程で十分でしょう。

【 ポイント1 】

浴槽の材質はデリケートなものもあります。たわしでこすると傷をつけてしまうこともあるので、やわらかいスポンジを使いましょう。 一般的なポリプロピレン製の浴槽は傷がつきやすいものです。 木の浴槽はたわしでこすり洗いをしてください。 ステンレス製浴槽は水滴が残っているとツヤがなくなってしまいます。入浴後は水気をよくふきとっておきましょう。

【 ポイント2 】

浴槽の材質はデリケートなものもあります。たわしでこすると傷をつけてしまうこともあるので、やわらかいスポンジを使いましょう。 一般的なポリプロピレン製の浴槽は傷がつきやすいものです。 木の浴槽はたわしでこすり洗いをしてください。 ステンレス製浴槽は水滴が残っているとツヤがなくなってしまいます。入浴後は水気をよくふきとっておきましょう。

【 ポイント3 】

木の湯桶はたわしでこするだけで十分ですが、もしヌルヌルしてきたら、クレンザーを使ってこすり洗いをしましょう。 木のすのこやいすと一緒に、日光にあててカラッと乾燥させておくとよいですね。

【 ポイント4 】

浴室を清潔に保つコツは、湿気がこもらないように工夫することです。 次の人がお風呂に入るまでは、短時間でも風呂ブタをしめます。 最後の人は、出るときに浴室ドアを開けて新しい空気を入れながら換気扇を回すように習慣づけます。 窓があれば、開けておきましょう。換気扇は1時間程度回しておくとよいでしょう。

ダイニング

ダイニングは、家の中でもっとも汚れやすいところです。 食事をする場所なので特に清潔を心がけ、汚れたらその場ですぐきれいにしたいものですね。 毎日の掃除では、汚れやすいテーブルの上を水ぶきし、床に掃除機をかけてゴミを取り除いておけばよいでしょう。床の汚れが気になるときは、クッションフロアなら水ぶきを。フローリングの場合は、ひんぱんに水ぶきをすると床を傷めたりするので、汚れが目立つところだけ、古布にワックスを少量つけて、部分的にこすっておとします。フローリング専用の汚れおとし用潜在もありますから、使ってみてもよいでしょう。テーブルも定期的に台所用中性洗剤でふいておきましょう。

【 ポイント1 】

床に食べ物をこぼしたら、必ず水ぶきしましょう。 ただふきとるだけでは、雑菌を繁殖させ、カビのもとになったり、シミになったりしてしまいます。

【 ポイント2 】

ダイニングテーブルの上に、読みかけのままの新聞・雑誌・リモコン・鍵など置きっぱなしにしておくと、部屋全体が雑然と散らかってみえてしまいます。いつも定位置に片付ける習慣をつけるとよいですね。

【 ポイント3 】

ダイニングにある扉は、食べ物を扱った手で頻繁にさわるので、思いのほか汚れています。ドアノブは超極細繊維の布で拭き掃除を。

リビング洋室

ダイニングは、家の中でもっとも汚れやすいところです。 食事をする場所なので特に清潔を心がけ、汚れたらその場ですぐきれいにしたいものですね。 毎日の掃除では、汚れやすいテーブルの上を水ぶきし、床に掃除機をかけてゴミを取り除いておけばよいでしょう。床の汚れが気になるときは、クッションフロアなら水ぶきを。フローリングの場合は、ひんぱんに水ぶきをすると床を傷めたりするので、汚れが目立つところだけ、古布にワックスを少量つけて、部分的にこすっておとします。フローリング専用の汚れおとし用潜在もありますから、使ってみてもよいでしょう。テーブルも定期的に台所用中性洗剤でふいておきましょう。

【 フローリング 】

普段のお手入れの基本は、掃除機と乾拭きですが、3~4ヶ月に一度を目安にして、ワックスをかけると、ツヤがでるのはもちろん、キズや汚れからフローリングを守り、汚れを落としやすくする効果があります。 まず、床をキレイにしてからはじめましょう。掃除機をかけ、洗剤ぶき、乾拭きして、よく乾かしてからワックスをかけ始めます。 フローリングの継ぎ目にホコリやゴミが溜まっていたら、竹串などを使ってかき出しておくとよいでしょう。 ワックスは、部屋の奥から出口にむかって塗っていけば、上手に部屋全体に塗ることができます。ムラなく塗るコツは、いっぺんに広いスペースを塗らずに、少しずつ塗って広げていくことです。乾いたら、塗り残しを防ぐために、もう一度重ね塗りするとよいでしょう。 二度塗りすると保護膜ができ、汚れがつきにくくなります。

※バーナーの穴が詰まっていると、危険なうえに、ガスの無駄になってしまいます。歯ブラシなどで定期的にお手入れしましょう。

【 じゅうたん 】

じゅうたんがベタつくような感じがしてきたら、拭き掃除でさっぱりさせましょう。
洗濯用石けん溶液(または住居用ふき掃除洗剤)でかたくしぼった雑巾で拭きます。 まず、じゅうたんの毛の流れに沿って(順目)、次に逆向きに(逆目)、毛を起こすようにして拭くのがコツです。 最後は水気が残らないように乾拭きしておけば、完璧ですね。よく晴れた日をえらんで風をとおしておくのも大切です。

※じゅうたんに付いてしまったガムは、粘着テープを手に巻きつけて、ガムをくっつけて取れば簡単です。 氷でガムを冷やして硬くして、こそげ落としてもOK。
※家具でへこんでしまったじゅうたんは、洗濯用の柔軟剤を水で薄めたものをその部分にしみこませ、そのあと、しめらせたタオルをのせて、軽くスチームアイロンをかけます。仕上げは、毛を逆立てるようにブラッシング。

【 壁 】

壁ははたきなどでホコリを落としてから、素材にあったお掃除をします。ビニールクロスの壁は水ぶきでOK。ひどい汚れのときは、住居用洗剤で拭いてから、乾拭きすればよいでしょう。タバコのヤニ等で黄ばんでしまったものは、拭くだけで落ちない場合もあります。たわしに洗剤液をつけてこすってみましょう。仕上げに水ぶきしておくことを忘れずに。布クロスやしっくいの壁は水ぶきできません。こまめにからぶきして、目立つ汚れは、住居の汚れ専用の消しゴム(ホームセンターなどで市販されています)を使って落としましょう。

※落書きは消毒用エタノールと住居用洗剤をまぜたぬるま湯を雑巾にむくませて、こすって落とします。
※シールをはがした跡は、除光液を直接布に含ませて、こするだけで落ちます。黄ばんでしまった跡もOK。

和室

和室の毎日の掃除は、基本的にほうきで畳をはくだけでよいでしょう。 ホコリがめだってきたら、ふすまや障子はたきをかけ、畳に掃除機をかけたり、ぞうきんでふいたりします。 畳は水分を含むと傷みやカビの原因になりますから、からぶきが原則です。 柱・障子・ふすま・壁なども、自然素材が使われていることが多いので、はたきがけとからぶきだけで十分です。 水は使わないようにしましょう。 畳の汚れが気になるときは、きつく絞ったぞうきんをかわいた湿りぞうきんで、水ぶきします。 ぬれたぞうきんでふいた後は、しっかり乾燥させることが大切です。 畳を水ぶきするのは、よく晴れた日を選ぶことも忘れないようにしましょう。

【 ポイント1 】

障子の桟は和室ではとくにホコリがたまりやすいところです。 気がついたら羽ばたきやナイロンはたきをかけ、静電気でホコリを吸着させましょう。 ぞうきんでふく場合は、からぶきで。 水ぶきすると障子にシミが残ることもあるので要注意です。 古ストッキングを手にはめて桟をなでるだけでも、静電気でホコリを舞い上がらせずに乗ずにとることができます。

【 ポイント2 】

畳を湿ったままの状態でおいておくと、カビや傷みの原因になります。畳を水ぶきした日は、窓を半日ほど開けたままにして風を通しましょう。扇風機をかけて早く乾かすのもよい方法ですね。

【 ポイント3 】

押入れは湿気がたまりやすいところです。晴れた日には戸を開けてふすまを真ん中に重ねて、左右から風を入れて、空気の入れ替えをするといいですね。

玄関

玄関は必ず通るところです。 美しく飾る前にきれいにしていることが大切ですね。

【 雨の日は・・・ 】

雨の日は濡れた傘や雨靴で玄関はびしょぬれになってしまいます。 こんな日のために、玄関にレンガを3~4個用意しておきましょう。 レンガは驚くほど水を吸い取ってくれます。 濡れた傘はレンガの上に立てかけておき、靴は乗せておきます。 水分を吸収して湿ったレンガは、十分に干しておきましょう。 また、靴箱の下段にしまっておくと、靴箱の湿気も吸収してくれます。

【 においがこもる 】

玄関はにおいがこもる場所です。 玄関や靴箱の消臭剤はたくさん出ていますが、できるだけにおいの原因をおさえたいですね。 靴箱から靴を出し、靴の内側の汚れをアルコールでふき取ります。 更に陰干しして十分に乾燥させます。 靴箱はゴミや土ぼこりを掃除機で吸い取り、住居用洗剤できれいに拭きます。 しばらく風を通して乾燥させてから、よく乾かした靴を入れましょう。

【 玄関床掃除 】

ほうきで掃き出せなかった細かいゴミは、掃除機で吸い取りましょう。 室内で使っている掃除機をそのまま使うのは気が向かないという方は、トイレットペーパーかラップ等の芯を使います。 掃除機のノズルに先を斜めにカットした芯を差し込んでガムテープ等で固定するだけで出来上がりです! 隙間に溜まったゴミや砂もきれいに取れますよ。

押入れ

【 カビ 】

カビの胞子は、空気中のいたるところに漂っていて、温度・湿度・栄養分(汚れなど)の3つの条件がそろうと、そこに根をおろして成長を始めます。 カビを防ぐには、室内の湿気と汚れをできるかぎり取り除きましょう。

【 お掃除の基本 】

季節ごとに衣類の入れ替えをする時など、天気の良い午前中を選んで押入れの中を手入れしましょう。 まず、押入れの中のものをすべて取り出して天日干し、または陰干しをします。 その間に中を掃除機でホコリやゴミを取り除きます。 次に薄めの住居用洗剤液を固くしぼった雑巾で上側、側面、床と全体を拭き、2~3時間戸を開け放って乾燥させます。

【 カビ取りとカビ予防 】

カビを見つけたら消毒用エタノールをスポンジに含ませたたくようにして取ります。 そのあとよく水拭きし、ドライヤーの冷風で乾かします。 カビが生えるのを防止するには、風通しをよくして湿気を取るのが一番ですが、頻繁に手入れできない場合は防カビ剤を十分にスプレーしておくとよいでしょう。

【 起きてすぐに布団をしまうのは・・・× 】

起きたばかりの布団には、汗などの湿気がたくさん含まれています。 すぐに押入れにしまうとその湿気が押入れにこもってしまいます。 起きたら先ず掛布団などをはずし、敷布団を乾燥させて下さい。 しばらくしてから、押入れにしまいましょう。 そのためにも朝は早起きしなくてはなりませんね。

網戸

引っかけたりしてできた小さな穴は、市販されている網戸用かビニールハウス用の補修テープを両面に張って修復します。 網にたるみが出た場合は、ドライヤーの熱を当てて修復できます。 ただし、熱すぎるとゆがんでしまうので、注意が必要です。 大きな穴やたるみは、やはり張り替えるしかありません。 網戸のがたつきは、枠のゆがみか戸車の破損が原因です。 枠をとめているネジをしめるか、戸車を交換します。 ひどい場合はプロに見てもらいましょう。

【 網戸を張り替える場合 】

千枚通しなど、先のとがったのもで、角からまわりのゴムをはずしていきます。ゴムの溝を歯ブラシなどで掃除したら、枠の上に網を余分に広げ、まわりをクリップで仮止めします。ゴムはめローラー(ホームセンターなどで市販されています)で、網の上からレールの溝にゴムを埋めていきます。余分な網をカッターで切り取ったら完成です。

※網戸の網はオフシーズンの扱い方で、傷み方が違ってきます。 数年ごとに張り替えて、気持ちよく夏をすごしたいものですね。 ただし、家全体の網戸をご自分で張り替えるとなると、なかなか大変です。 プロに美しく仕上げてもらい、ついでに戸の枠や歯車の調節もしてもらえば、安心して過ごせるでしょう。

【 シロアリについて 】

基礎部分に湿気が多い家の場合、シロアリの被害に遭っているかもしれません。シロアリの繁殖期は4~7月。この時期に新しい巣作りのために羽アリとなって飛び出します。窓にたくさん羽アリがたかっていたり、羽が落ちているのを見つけたら、注意が必要ですね。 木造建築に大きな被害を与えるのは、ヤマトシロアリ、イエシロアリです。シロアリは風通しが悪く、湿気の多いところを好み、日光や外気を嫌って生息します。

※シロアリは日光や外気を嫌うため、木材の表面だけを残して、内部がどんどん食害されてしまいます。そのため、一般の家庭では被害に気づくのが遅れ、調べたときにはすでに予想外に広がっていることが多いものです。

※床下が低く風通しが悪い基礎で、洗面所やトイレ、浴室などが水漏れした場合は、特に注意が必要です。市販の駆除剤に、床下に入って散布するものや、喚起口から噴射するタイプのものなどがありますが、被害を受けた部分の修繕はご家庭では難しいですから、プロの判断に任せるのが賢明でしょう。

見積もり依頼
無料見積り
お問い合わせ 資料請求
  • お見積り
  • 現場ブログ
  • 信頼の実績
  • 資料請求
  • トップページ
  • 他店との違い
  • 職人紹介
  • 施工の流れ
  • 本当のお客様の声
  • ご近所の施工例
  • 社会活動
  • お見積り
  • Q&A
  • 基礎知識
  • ハヤトの理念
  • 会社概要
  • プライバシーポリシー
  • 日本建築塗装職人の会
  • めざましテレビ出演
  • 専門家コラム