【家の外壁をリフォームしたい方へ】防水塗料のイロハをご紹介します!

「家の外壁がボロボロになってきたので塗装を検討中だけど、塗料選びってなんだかよく分からない。」
「防水塗料を選ぶメリットってどんなものがある?」
「防水塗料のポイントをまとめてわかりやすく解説してほしい。」

今皆さんは、防水塗料についてご興味があり、他の塗料にするべきかどうか迷っていらっしゃる状況でしょうか?
外壁は災害から家を守ってくれる要とも言える存在です。
そんな外壁は、雨風にもしっかり耐えられるほどの丈夫な加工にして、万全の状態にしておきたいとお考えの方は少なくないでしょう。
この記事ではそんなお悩みを解決するため、防水塗料の性能や、どんな方におすすめであるかを解説します!

 

□家の外壁をリフォームする方へ

家の外壁をリフォームする方にとって、塗料選びは最も調べる時間を費やすべき項目です。
塗料一つで外壁の丈夫さが大きく変わり、建物の寿命に関わってきます。
そんな塗料ですが、コストだけでなく、耐久性や特徴はそれぞれ異なります。
例えば、フッ素塗料は丈夫な塗膜を持ち、耐久性やビジュアルに長けた塗料です。
このように塗料はコストだけでなく、耐久性や特徴など、メリットやデメリットを考慮した上で選んでいきましょう。

 

□防水塗料の特徴とおすすめ

まず耐久性ですが、防水塗料は防水性に優れているだけでなく、耐久性が比較的高めです。
しなやかな塗膜を持つので、ひび割れに合わせて塗膜が伸びてひびをふさぎ、水の侵入を妨害します。
このような、ゴムみたいにしなやかな性能を持つ塗料を弾性塗料と言います。
一方で、防水塗料は塗りたての時だと汚れが非常につきやすいので、注意が必要です。
防水塗料を使うのに向いている外壁の素材は、以下の通りです。

 

・モルタル壁

セメントに砂を混ぜて、水を加えて作ったものです。
表面がでこぼことしているのが特徴です。

 

・ALC

セメントに生石灰やセッコウなどを混ぜ、長い時間をかけて加熱して作ったものです。
吸水性に優れますが、吸水に伴いひび割れが起こりやすいため、防水塗料で守りましょう。

 

・窯業系サイディング

最も多くの家で使われている外壁の素材です。
コーキング材を守るために防水塗料がおすすめです。

 

□まとめ

今回は、家の外壁をリフォームしたい方に向けて、防水塗料の種類や、それぞれどんな方におすすめであるかを解説しました。
塗料選びは難しく感じるでしょうが、着眼点さえ定まれば決められます。
ぜひ本内容を参考に、皆さんも防水塗料で外壁を丈夫にしましょう!

当社は、長年塗料販売店としての知識をもとに、福岡を中心に無駄のない「最適で最高」の仕上がりを実現してきました。
また、当社には外壁塗装に詳しいスタッフが多数在籍しております。
ご相談がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

お見積り

今すぐお電話をする