あなたの外壁塗装の塗り替え時期はいつ?目安を春日部市の専門業者が解説!

「家を建てたはいいけど、外壁塗装はどれくらいで塗り替えるものなのだろうか?」とお思いの方はいらっしゃいませんか?
実は簡単に塗り替え時期の目安を判断する方法があるのです!

 

今回はその目安となるチョーキング現象と外壁塗装についてお伝えします。

 

・外壁塗装の塗り替え目安はチョーキング現象で判断

外壁塗装の塗り替え目安は年ベースだと5年とも10年とも言われますが、一概にすべての家が何年と申し上げることはできません。
そのため、ご自身が劣化してきたという判断をすることが塗り替え時期の目安になります。

 

そこで劣化を判断するのに目安となるのがチョーキング現象です。
チョーキング現象が始まっていれば、劣化が始まっているので、壁の塗り替えをそろそろ考えだすのもいいかもしれません。
ただし、必ずしもすぐ塗り替えが必要というわけではありませんので、よくお考えになってから塗り替えを行うとよいと思います。

 

・チョーキング現象とは

チョーキング現象とは、外壁の塗装が何らかの理由で劣化し、触ると手にチョークのような白い粉がついたり、水をかけると変色するということが起こります。
この白くなり具合が濃いと、チョーキング現象がかなり進んでいるという目安になります。

 

真っ白になったらもうすぐ塗り替えかな?といった風に、チョーキング現象の進み具合によって、いつ外壁塗装をするか計画することができます。

 

・チョーキング現象はなぜ起こるのか?

原因は2パターンあります。

 

1.経年劣化

屋外の太陽光にさらされる環境で、紫外線によって塗装の中の樹脂が分解されるケース。
このケースで劣化が起こることは自然なことです。
10年前後で起こりやすいと言われています。

 

2.施工不良

適した塗料を使えていなかったり、ちゃんと混ぜないまま塗料を使ってしまったりすることで起こるケースです。
10年よりも明らかに短い期間でチョーキング現象が起こる場合、施工不良が考えられます。
ご自宅の外壁塗装を任せる業者選びは慎重に行いましょう。

 

チョーキング現象は、あなたの家の外壁塗装の塗り替え時期判断にとても重要な基準となってくれます。
判断方法も家の壁を触るだけなので、ちょっと家から出たときや気になったときに試してみてもよいかもしれませんね。
また、施工不良で劣化が起こることもあるので、施工業者選びはご賢明な判断をなさることをお勧めします。

 

ハヤトリフォームでは、塗料販売店と職人の専門店が合体した、最高クオリティの技術を懇切丁寧なアフターケアとともにお届けします。
ぜひご相談ください。

今すぐお電話をする