あなたの家の外壁塗装のひび割れ、大丈夫ですか?福岡の業者が解説します。


外壁にひびが入っていると、見た目が悪いだけでなく、家の寿命も短くなってしまいます。
この記事では、ひび割れ(クラック)の4つの種類と原因について説明していきます。
 

【外壁のひび割れの種類と原因】

 

1.ヘアクラック
ヘアクラックとは主にコンクリート・モルタルの外壁などにできるひび割れの一種です。
ヘアクラックは、幅が0.3ミリメートル以下で深さ4ミリメートル以下のひびのことで、髪の毛のような細さのひびであることからヘアクラックと呼ばれています。
ヘアクラックが起こる原因として、地震による建物の揺れや振動・建物の不同沈下・新築時の手抜き工事・経年による塗膜劣化(塗膜性能の経年による低下で膨張収縮に耐えられなくなり塗膜にひびが生じる)などが挙げられます。
ヘアクラックはよく見ないと分からないほどの細いひび割れのため、補修するほどのものではないという意見もありますが、放っておくよりもやはり早いうちに補修をしておくことが大切でしょう。
 
2.乾燥クラック
乾燥クラックはコンクリートのひび割れ発生の中で、最も頻度の多いひび割れです。
特に、コンクリート床やコンクリート壁のように、薄くて面積の広い建物で発生しやすくなっています。
コンクリートの中の水分は時間の経過とともに、乾燥によって蒸発します。
そうするとコンクリートの中の体積は減少して収縮してしまいます。
この乾燥収縮はコンクリートが自由に変形できる状態のときは問題ありませんが、鉄筋や柱、壁などの部材によってコンクリートの縮みが起きないように固定されている場合は、コンクリートに引張力が発生しひび割れが生じてしまいます。
 
3.構造クラック
構造クラックとは、建築物の壁や基礎部分に生じるひび割れの一種で、幅は0.3ミリメートル以上で深さは5ミリメートル以上になっています。
放置しておくと、基礎の強度が低下して建物の安全性に影響を及ぼす危険性があるため、必ず補修する必要があります。
筋交い等が不足しているといったような構造的な欠陥が、建物の大きな揺れや歪みを引き起こしてしまい、その歪力が外壁材に働くことで外壁材にひび割れが発生してしまいます。
 
4.縁切れによるクラック
モルタルの外壁を作る場合は、通常一面を一度に形成して継ぎ目などを作らないことが基本です。
しかし、何かしらの原因で、モルタルの外壁の施工最中に作業を途中で中止し、部分的にやり直してしまったとします。
そうすると、新旧の塗りつぎ面にひび割れが生じてしまいます。これが縁切れによるクラックです。
 
このようなひび割れ(クラック)を発見したら、すぐに補修するようにしましょう。
外壁のひび割れにお困りの方はハヤトリフォームにまでお気軽にご相談ください。

今すぐお電話をする