なぜ必要!?福岡の業者が外壁塗装を行う理由を徹底解説します!

「外壁塗装って、どうして行う必要があるの?」
「外壁塗装をしないことで被る(こうむる)デメリットは何なの?」

戸建て住宅だけでなく集合住宅にお住いの方も、「外壁塗装」と呼ばれる言葉を耳にしたことがあるのではないでしょうか?
しかしながら、多くの方は外壁塗装の必要性をご存知ではありません。
今回は、外壁塗装のご依頼でお悩みの方に向けて、外壁塗装を行う理由についてお話しいたします。

□外壁塗装を行う理由

外壁塗装を行うのは、主に3つ理由があるからです。

*理由1:住宅への水漏れを防ぐため
塗装が劣化したにも関わらず外壁塗装を行わない場合に、予期される事態があります。
それが、「水漏れ」です。
日々、外壁は日光や風雨にさらされています。
それらが積み重なることで、壁面は劣化していきます。
壁面の劣化が進むにつれて、壁面にできた亀裂(きれつ)や塗膜(とまく)の薄れた壁面から水が入り込みます。
水漏れが発生することで、住宅の骨組みの腐食や、建物内の壁面にカビが発生します。
このような事態を未然に防ぐために、外壁塗装を行う必要があります。

*理由2:建物の外観を良くするため
建物の外観を良くするのは、自分だけでなく近隣住民の方のためにもなります。
壁面の色褪せ(いろあせ)や、塗膜の剥離が見られるにも関わらず外壁塗装をしない場合、トラブルが発生する恐れがあります。
地域の雰囲気に統一性があれば、整えるように要求されます。
また、放っておくと人間性まで疑われかねません。
したがって、トラブルの発生を未然に防ぐためにも外壁塗装を行う必要があります。

*理由3:寿命を最大限に延ばすため
外壁塗装を行うことで、住宅の資産価値を高い水準で保てます。
将来、住宅を住み替えるのであれば、住宅の売却が必要です。
売却の際は、状態の良い住宅の方が高く売れます。
また、長く住む場合も寿命を最大限に延ばすメリットがあります。
住宅の修繕を怠り、結果的に建て替えが必要になれば高額な出費が発生します。
しかしながら、定期的に塗装を中心に住宅の修繕を行えば、安く済みます。
以上により、外壁塗装を行う必要があります。

□まとめ

今回は、外壁塗装を行う理由についてお話しいたしました。
外壁塗装は、自分だけでなく近隣住民のためにもなります。
当社では多くの施工事例を有しており、その経験に基づいて住宅の塗装を行います。
また、下請けに出さない自社施工をモットーに安心の保証制度を導入しています。
福岡県内で外壁塗装についてお悩みの方は、ぜひ当社へご相談ください。

今すぐお電話をする