コーキングの機能と寿命とは?春日市の外壁塗装業者が解説!


あなたはコーキングという言葉をご存知ですか?
実はこのコーキングという言葉は家の外壁塗装の際に用いられるもので、建物を守るために非常に大切な役割を担っています。
そこで、この記事ではコーキングの機能や寿命についてお伝えします。
 

【コーキングとは?】

 
コーキングとは、外壁塗装の際に、塗材と塗材をくっつけるクッションのような役割を担っているものです。
もう少し分かりやすくいうと、外壁のつなぎ目にはゴム状のものが詰まっていますよね。
このゴム状のものをコーキングといいます。
コーキングがないと隙間ができてしまうため、コーキングは外壁塗装に欠かせません。
 

【コーキングの機能】

 
コーキングには主に2つの機能があります。
 
1.外壁材料の劣化を防ぐ
外壁材同士の間にはどうしても隙間ができてしまいます。そしてその隙間から雨水などの水分が浸透してくると、外壁材の劣化が進行するため、この隙間を埋める必要があります。
そこで役に立つのがコーキングです。
なぜならコーキングは、外壁材のジョイント部分(継ぎ目)に蓋をする役割を持つため、雨水の浸透を防いでくれるからです。
 
2.外壁材を長持ちさせる
外壁材同士を重ねるようにして張り付ける際、外壁材そのものにひび割れや剥がれなどの影響が出てしまいます。
なぜなら、気温や湿度の影響で外壁材自身が膨張と縮小を繰り返し傷付け合ってしまうためです。
そこで、外壁材の膨張や縮小を防ぐために、ゴムの性質を持った柔らかい素材のコーキング材を隙間に注入する必要があります。
なぜなら、そうすることでコーキング材が外壁材の代わりに膨張や縮小の動きをしてくれるため、ボードやパネルが傷つかないからです。
 

【コーキングの寿命】

 
コーキングは一般的に7年目くらいから徐々に劣化し始めてくると言われています。
劣化したまま放っておくと、その劣化した部分から雨水が浸透し、雨漏りを引き起こし、外壁材を腐食するなど建物の劣化を進行させてしまいます。
そのためコーキングを打ち替える必要があるのですが、どのタイミングで打ち替えるべきか分からない方が多いと思います。
そこでコーキングを打ち替えるタイミングとして、主な見た目の変化を説明します。
 
・肉やせ
隙間をしっかり埋めていたはずのコーキング材が細くなって隙間が大きくなってしまっていたら要注意です。
特にコーキング材が割れたり剥がれていたりすると要注意です。

・ひび割れ
コーキング材のひび割れの種類は大きいものから小さいものまで様々ですが、いくら小さい物でもそれは寿命のサインです。
このように、肉やせ・ひび割れなどの症状がみられる場合はコーキングを打ち替えるようにしましょう。

 

【最後に】

 

コーキングは建物を守るためにとても重要な役割を持っています。
それにも関わらず、コーキングの寿命は比較的短くなっています。
そのため、ぜひ一度ご自宅のコーキングの状態をみて、肉やせやひび割れの症状はないか確認してみてください。
そしてそのような症状がみられる場合はすぐに補修するようにしましょう。

今すぐお電話をする