プロが解説!外壁塗装の寿命を長く保つ方法とは!?

「せっかく外壁塗装をするのならば、一回の塗装をできるだけ長く保たせたい!」
と考えるのは当然のことですよね。しかし、外壁は様々な自然環境によって、ボロボロになってしまったり、効果がなくなってしまったりします。
 
実際に外壁の塗料は塗料の種類や自然環境などによって、耐用年数に差はありますが、どのような塗料を塗ったとしても、いずれは塗り直しが必要になってしまうのでしょう。
もしも、塗装をしなかった場合には家の寿命や、災害の時の被害などに影響が出てきてしまいます。
そこでこの記事では、外壁塗装を長く保たせる方法をご紹介いたします。
 

◆環境を考慮する!

地域によって気温や湿度などに大きな違いがあります。そのような環境に合った塗料選びや施行方法を考えなくては、塗装の寿命を大きく削ってしまうことにつながります。地域の環境のことは地域の業者さんが一番良く理解されています。そのため業者さんに相談しながら塗料選びや施工方法を考えていくといいでしょう。
 

◆塗料をしっかり選ぶ!

先ほどもご説明した通り環境に合わせて塗料を選ばなくてはなりません。その塗料は非常に多くの種類があります。ですから、耐熱性、防水性などの状況にあった塗料を選んでください。もしも、このようなことを考えずに塗料を選んでしまうと、すぐに塗り直しなどの必要が出てきてしまって、費用も手間も余分にかかってしまいます。
 

◆塗布の回数を増やす!

塗布の回数は一般的に3回ですが、状況によっては塗布の回数を増やしてもらい、耐久年数をより長くしてもらいましょう。
 

◆定期的に掃除をする!

外壁は常に外気にさらされています。そのため、すぐに汚れてしまうのです。そこで、掃除を定期的にすることで、寿命を長くできます。
 

◆自分で補修する!

外壁にひび割れやカビができていないかなど、定期的に確かめましょう。また、その時に異常が発見できて、それが軽い補修で済むものであれば、自分で補修するといいでしょう。
 

◆メンテナンスを依頼する!

一定の年数が経過すると、なかなか自分で補修するようなことでは、対策できないようなことが出てきますその場合には業者にメンテナンスを依頼して、塗装の質を落とさないようにしましょう。
 
 
ここまで、できるだけ長く外壁塗装を保たせる方法についてご紹介いたしましたがいかがでしたか。
外壁塗装は様々な条件によって、劣化し寿命が短くなってしまいます。ですから、できるだけ長く外壁塗装を保たせるためにも、今回ご紹介いたしました方法を実行してみてください。

今すぐお電話をする