住宅を長持ちさせる!屋根塗装の必要性を福岡の業者が解説

「人の目につきにくい屋根塗装って塗り直す必要はあるの?」
「お金をかけて屋根塗装をするメリットって何?」
と思われている方も少なくはないのではありませんか?
実は、屋根塗装は見た目を綺麗にするだけではないのです。
その他にもメリットがあります。
そこで今回は、屋根塗装をするメリットとその必要性についてお伝えします。

□屋根塗装をしないままだと何が起こるか?
屋根塗装は屋根を保護する役割を持っています。
塗装が劣化しその保護がなくなると、屋根の劣化は急速に進み結果的に建物自体にも悪影響がでてしまい、多大な修繕費が必要な事態になりかねません。
紫外線や雨風などの影響で屋根の釘が抜けてしまう、さびてしまうことで屋根に隙間が生じ、その隙間から雨が入り込んで雨漏りが発生することがあります。
その他にも、様々なトラブルを起こす可能性もあります。
住宅を長持ちさせるためにも、塗装の劣化に気づいたらなるべく、すぐに施工を依頼すべき
です。

□屋根塗装をするメリット
*屋根を綺麗に見せる
屋根は外壁と違って見えにくいところですが、屋根塗装が綺麗だと、隅々まで手入れが行き届いている家だと評価してもらえます。
また、屋根の色を変えるだけでも住宅の印象はかなり変化します。
イメージチェンジを狙って、今までとは違った色にしてみてはいかがでしょうか?
外壁は目に付きやすいのでガラッと住宅の印象を変えてしまいますが、屋根ならさりげないポイントとして取り入れやすいですよね。

*屋根の劣化を防止できる
先程もご紹介したように、屋根塗装をすることで屋根の劣化を防ぐことができます。
経年によって屋根はひび割れが発生したり、反ってきたりして、ボロボロになってきます。
その劣化のスピードを屋根の塗装をし直すことで遅らせることができるのです。
カビやコケの発生を防ぐ他に、雨漏り対策、紫外線などの外的要因による劣化を解決します。

*快適な生活を送る
塗装には遮熱機能と断熱機能があります。
塗料が赤外線を反射することで、住宅の内部に入ってくる熱の量を減らします。
暑い夏でも、自然と涼しい快適な生活を送ることができるのです。

□さいごに
今回は、屋根塗装の必要性についてお伝えしました。
屋根塗装は見た目を綺麗にする役割だけではないことを知っていただけたかと思います。
屋根塗装の塗料には様々な種類があり、それぞれに特徴や耐用年数が異なります。
どの塗料にも必ず耐用年数はあるので、その保護機能はだんだんと効果を薄めてきます。
一度、あなたの住宅の屋根塗装をチェックしてみて、劣化が見つかった場合は、塗装業者に依頼して綺麗に塗装してもらいましょう。

今すぐお電話をする