塗装のプロが解説!外壁塗装の塗り替えに適した季節とは?

「外壁塗装をしようと考えているけど、どの季節に行うのがいいの?」
といったような疑問を持っていらっしゃいませんか?
そこでこの記事では、外壁塗装をするのに適した季節についてご紹介いたします。
 

◆どの時期が良いのか?

外壁塗装をする際にどの時期が良いのかというと、どの時期にもメリットやデメリットがあります。
そこで、季節ごとのメリットとデメリットを解説いたします。
 
・春のメリット
空気が乾燥しているため、塗料の渇きが良い。
気温が快適で業者が作業しやすい。
天候が安定しているため日程通りに作業が進みやすい。
 
・春のデメリット
塗装業者が繁盛期で希望通りの予定で行えないことがある。
交差などのゴミが付着してしまうことがある。
 
・夏のメリット
塗料の渇きが早く日程通りに作業が進みやすい。
 
・夏のデメリット
作業中に窓を開けられないため部屋の中の風通しを行えなくなる。
ゲリラ豪雨など天候が安定しない場合だと、作業が進みにくい。
お盆には業者が休みになってしまう。
 
・秋のメリット
湿度が低いため、塗料が乾きやすい。
10月以降などは天候が安定しているため日程通りに作業が進みやすい。
 
・秋のデメリット
9月は台風の影響などで作業が予定通り進まないことがある。
 
・冬のメリット
工事期間中に窓を開けなく快適である。
 
・冬のデメリット
気温が5℃以下の場合だと、作業ができない。
乾燥に時間がかかってしまう。
 
これらがそれぞれの季節のメリットデメリットです。皆さん心配される梅雨の時期は、雨などの影響でほかの季節よりも日数がかかってしまいますが、今の塗料だと梅雨でも作業はできるので依頼することはできます。
 

◆結局どの季節が良いの?

先ほどの解説いたしましたメリットとデメリットから考えると、春と10月以降の秋が適しているということがわかると思います。
ただ、この季節に外壁塗装を行わないといけないというわけではありません。
そして今、外壁塗装をしようかなと考えているのであれば、できるだけ早めに行うことをお勧めいたします。
 
その理由は現存の外壁の塗料が機能しなくなってしまうと、外壁だけでなく家全体の劣化につながってしまうからです。
ですから、外壁塗装をしようか迷っている方には、季節にこだわらずに工事を行うことをお勧めいたします。
 
 
他にも塗装をする際に考えるべきことがあります。
それは業者選びです。業者選びに失敗してしまい希望通りに進まないということは、避けたいですよね。
その点、ハヤトリフォームではしっかりと対応します。また、アフターケアにも力を入れています。
ですから、外壁塗装を検討されている方は、是非ハヤトリフォームにお任せください。

今すぐお電話をする