外壁のひび割れ(クラック)の原因は?福岡の外壁塗装業者が紹介!

「外壁にひびが入っているけど、特に問題なさそうだし、そのまま放置している。」
という方はいらっしゃいませんか?
このように、外壁にひび割れが生じる劣化現象のことをクラックと言います。
実は、クラックをそのまま放置していると、外壁のみならず住宅全体に重大な問題を引き起こしてしまう可能性があります。
そこで今回は、そんなクラックについて種類ごとにその原因をご紹介します。

 

□ヘアクラック
ヘアクラックとは、主に塗膜(塗装の表面であり、塗料が乾燥してできたもの)に生じる細いひびを指します。
その細いひびが髪の毛のようであることから「ヘア」クラックという名前が付けられました。
ヘアクラックが生じる主な原因としては、塗料の経年劣化や、業者の不適切な塗装工事などが挙げられます。
その細さゆえに、発見するのが難しいため、業者に依頼して定期的に点検してもらうと安心です。

 

□乾燥クラック
モルタル塗りなどの湿式工法の外壁は、乾燥する過程で多くの水分が蒸発して収縮します。
その際、その収縮の動きに耐えきれずに、塗膜にひびが入ってしまうことがあります。
このひびを、乾燥クラックと呼びます。
塗装をする際に、外壁がしっかりと乾燥していないうちに塗装をしてしまうと、乾燥クラックが生じやすくなってしまいます。

 

□構造クラック
構造クラックとは、建物自体の構造的な欠落や不同沈下によって外壁が歪むことで生じるひびのことであり、リフォームによって建物を増築、改築した際に生じることが多いです。
これを防ぐためには、リフォーム工事を依頼する際に、信頼できる実績のある業者を選ぶことが重要です。

 

□縁切れクラック
モルタル外壁など、湿式工法の外壁材に多く見られるひび割れです。
湿式工法では基本的に、一面の壁を一度に仕上げます。
しかし、何らかの事情で一度工事を中断して再び塗りついだり、部分的にやり直しをしたりした場合、もともと塗っていた部分と新しく塗った部分との境目にひびがはいってしまう場合があります。
このような状態を縁切れクラックといいます。

 

以上、クラックの種類とそれぞれの原因についてご紹介しました。
冒頭でも触れましたが、クラックを放置していると、その隙間から雨水が入り込み、建物が内部から腐食してしまう恐れがあります。
それを防ぐためにも、上記で紹介したようなクラックを見つけたら、すぐに業者に相談することが重要です。
福岡で外壁塗装を検討している方は、ぜひ一度、ハヤトリフォームにご相談ください。
どこよりも丁寧な工事とアウターケアをいたします。

今すぐお電話をする