外壁の色を選ぶ際のポイントとは?

外壁塗装の際の色選びは、今後長い間その建物のイメージを決定づけるので、非常に重要なプロセスです。
ですので、自分の好みだけを頼りに選んでしまうと、後々後悔してしまうかもしれません。
 
しかし、何を基準に外壁の色を選んで良いのか分からない方も多いのではないでしょうか。
ということで今回は、外壁の色を選ぶ際のポイントをご紹介します。
 

・白と黒は要注意

洋服選びの際、シンプルな白と黒は合わせやすい色として人気ですよね。
しかし、外壁の色として使うとなったら要注意です。
というのも、綺麗な白や黒は汚れが目立ちやすい色だからです。
外壁というのは、直射日光や風雨に晒され続けるので、月日が経つにつれて汚れが目立つようになります。
 
また、黒に関しては、種類によっては雰囲気が重くなってしまう傾向があるので、そのような色は住宅には向いていません。
ですので、黒か白が良いという方は、住宅に向いた汚れが目立たないよう色を選ぶようにしましょう。
 

・周りの景観を鑑みた上で選ぼう

外壁の色選びというのは、あなたの住宅に合っているかどうかだけでなく、周辺の住宅や景観に合っているかどうかも考えなくてはなりません。
周辺住宅の色とは系統が異なる色だと、あなたの家だけ浮いてしまいます。
今後の地域コミュニティとの関わりを考えると、トラブルを避けるためにも周りの景観は意識するようにしましょう。
 

・原色系は劣化が見えやすい

色というのは当然、時間が経つにつれて薄くなっていきます。
特に原色系の色は、劣化で薄くなるのが見えやすいという傾向にあります。
薄くなっていくと建物が古びた印象になるので、その辺も考慮に入れた上で色を選ぶことをオススメします。
 

・艶や面積効果も考える

自分が選んだ色と実際に塗った後に見える色というのは異なっていることがあります。
例えば、艶加減によって同じ色でも見え方は変わります。
その日の天候や光の当たり方によっても変わってきます。
 
加えて、面積が大きいと色は薄く見え、逆に面積が小さいと色が濃く見えるというような面積効果もあります。
このような見え方の変化というのは、色選びの段階では予想しづらいので、外壁塗装業者の方としっかり相談するようにしましょう。
 
 
いかがでしたか?
外壁の色を選ぶ際には、自分の好みで選ぶのではなく、いくつかのポイントを押さえなくてはならないのです。
ただ、自分だけで判断するのは不安だという方が多いと思いますので、業者さんに相談することをオススメします。
我々ハヤトリフォームは、お客様に寄り添ったサポートを行いますので、外壁塗装でお悩みの方は是非相談してください。

今すぐお電話をする