外壁塗装における塗料の選び方は?春日市で外壁塗装をお考えの方にご紹介します!

春日市で外壁塗装をお考えの方に向けて、今回は外壁塗装における塗料の選び方について解説いたします。
どの塗料を選べば良いのか、なかなか難しいところですよね。
気になる方はぜひこの記事を参考にしてみてください。

 

□塗料の種類についてそれぞれ紹介します!

まずは、塗料の種類についてそれぞれ紹介していきます。
塗料の種類によって、特徴やデメリット、効果などが大きく異なります。
実際にみていきましょう。

 

*ウレタン塗料

まずは、ウレタン塗料について紹介します。
ウレタン塗料は接着性があり、伸びが非常に良く、独特の光沢がある塗料です。
また、安価で購入できるため経済的にも優しく、施工がしやすいというメリットもあります。
一方でデメリットとしては、他の塗料よりも耐久力がなく汚れやすいという点が挙げられます。

ウレタン塗料は、アクリル樹脂とウレタン樹脂で成り立っています。
また、樹脂結合力と呼ばれる樹脂が接着し合う強さを持っているのが特徴です。

シリコン塗料が一般的に広く使用されるようになったため、外壁面においてこのウレタン塗料が使用されることが少なくなりました。
そのため、最近ではこの塗料の特徴を活かして、雨どいや手すりなどの湾曲した部分に使用されることが多くなっています。
雨どいとは、屋根に降った雨を地面まで逃す役割を果たすための塩化ビニル製の筒状の部品のことを指します。
雨どいという名前を知らなくても、馴染みのある方は多いのではないでしょうか。

 

*シリコン塗料

次に、シリコン塗料について紹介します。
シリコン塗料は前述にもありましたが、最近では最も一般的な塗料として使用されています。
主な理由として、値段と耐久性のバランスが非常に良く、カラーバリエーションが豊富であることが挙げられます。
また、結合が特殊であるため、ウレタン樹脂よりもさらに強い耐久性を持っています。
以上の点から、耐久性や価格などからもコストパフォーマンスが良い塗料であると言えるでしょう。

シリコン塗料のメリットは、前述にもありましたが、価格と耐久力のバランスが良いところです。
また、親和性を持っているためウレタン塗料よりも汚れにくいというメリットもあります。

一方でシリコンのデメリットとして、塗膜の伸び縮みが少ないという点が挙げられます。
塗膜の伸び縮みが少ない場合、地盤の揺れや外気の寒暖差によってひび割れが起きやすくなります。
そのため、家を長持ちさせたいという方は伸びの良い塗料を選ぶことをおすすめします。

シリコン塗料を使用するのに向いている方は、外壁塗装を近いうちに行いたいという方です。
シリコン塗料であれば価格と耐久性のバランスが良く、出費も抑えられるので最適でしょう。

 

*フッ素塗料

フッ素塗料とは、ホタル石という天然石を使用し、フッ化カルシウムを主成分とした塗料です。
最大の特徴は、耐久性と汚れにくさです。
フッ素はとにかく、自宅の美観を綺麗に保ちたい方におすすめです。
汚れをフッ素の力で弾いてくれるので、10年以上綺麗な外観を維持できるでしょう。

 

□外壁塗装の塗り方について紹介します!

ここからは、外壁塗装をする際の塗り方について紹介します。

まずは、ローラーによる塗り方です。
一般的にローラーを使って塗装をする場合が多いです。
ローラーは作業の効率が高いというメリットがあるので、広範囲の塗装に向いているでしょう。
細かいところが塗りにくいというデメリットはありますが、塗料を効率良く使用できます。

次にスプレー塗装の方法について紹介します。
この方法は、塗料を霧状に噴射する機械を使って塗料を塗装面に吹き付けます。
スプレー塗装は塗料を無駄に使ってしまうデメリットはありますが、広範囲でかつ短い時間で塗装ができるというメリットがあります。

そして、刷毛塗りです。
刷毛塗りによる塗装は技術が必要であるため、塗装経験が少ないとムラといった施工不良が起こりやすい塗装方法です。
広範囲の塗装には向いていないので、細かい箇所を塗るときや塗り残しを補修するときにこの塗装方法が採用されることが多いです。

 

□外壁塗装の塗料を選ぶ際に必要な知識とは?

外壁塗装の塗料を選ぶ際に必要な知識は2つあります。

1つ目は、住まいのことをよく把握するということです。
塗料が住まいに合っているかどうかを判断する必要があります。
また、塗料だけでなく、使う外壁や使う環境も考慮することで、ご自身の希望と住まいの条件に合った塗料を選べるでしょう。

2つ目は外壁の種類についてです。
使用できる塗料は、家の外壁の種類によって左右されます。
そのため、外壁材に合う塗料を選べるように、自宅の外壁は必ず把握しておきましょう。

 

□外壁塗料を選ぶ際には色まで検討することが大切!

最後に、塗料は製品によって色が異なる場合があるということについて解説します。

塗料の色に関して、必ずしも希望の色の塗料があるとは限りません。
そのため、契約をする前に塗料の色の種類について確認しておくことがおすすめです。
契約してしまった後では、選べる種類の中に希望の色がない可能性もあります。

一番確実な方法は、塗料を選ぶ段階で近しい色があるかどうかを事前に把握し、契約後に業者と打ち合わせをして決めるという方法です。
ぜひ希望の色にできるように実践してみてください。

 

□まとめ

今回は、外壁塗装における塗料の選び方について、種類や塗り方、また選ぶために必要な知識なども含めてご紹介いたしました。
具体的にどのようなことを踏まえて塗料を選べば良いか、ぜひ参考にしてみてください。
春日市で外壁塗装をお考えの方はぜひ1度当社へご相談ください。

 

お見積り
今すぐお電話をする