外壁塗装に!塗料「ガイナ」の防音の仕組みと効果とは?

みなさんは外壁塗装に防音効果があるものが存在することをご存知でしょうか?
昨今、塗料の開発が進み、様々な効果を持つ塗料が発売されています。
防水、遮熱、断熱効果のある塗料が存在し、冷暖房、雨漏りに効果があります。

そんな中でも、今回は防音効果がある塗料塗料「ガイナ」の防音の仕組みと効果についてご紹介します!

1 外壁塗料ガイナの仕組み

ガイナはJAXAの技術を基に作られたセラミック塗料です。
食器や医療の世界でも使われるセラミックは硬度や生態親和性が高いという特徴があります。
また、耐久性や断熱、消臭効果もあります。

そして防音効果もあることが様々な研究から明らかになりました。
ガイナの被膜には複数のセラミックビーズが混ぜ込まれ、20列ほどのビーズの層が形成されています。

ガイナにはまず、音を反射する効果があります。
ガイナを顕微鏡で観察するとセラミックビーズが何層にも積み重なっていることが分かります。
他の塗料と比較すると、セラミックビーズのの凹凸効果で表面積が大きくなっているのです。
音はモノに当たると反射するので、表面積が大きいと効率よく音を反射することができます。

次に、音の振動を吸収し小さくする効果があります。
音は空気を振動させて伝わっていき、振動が大きいほど、大きい音になります。
ガイナに含まれているセラミックと空気でこの振動を吸収し、音を小さくします。

2 どのくらい防音効果があるの?

ガイナの防音効果は線路の真裏や幹線道路沿いの家でもいかんなく発揮されます。
大体、騒音を4~10デシベル低下させる効果があるという研究結果が報告されました。
騒音が10デシベル下がると90%の音量を減らすことができると考えると、かなりの防音効果ですよね。

もちろん、周りの騒音を防ぐだけでなく、周りに迷惑かけないように、自分の家から出た音を減らすこともできます。
音楽活動をされている方や、大音量で映画を見たいという方には嬉しい効果です。

3 ガイナのデメリット

防音効果があるガイナですが、一番のデメリットは費用が高いということです。
一般的な住宅ではシリコン塗料で90~100万円が相場ですが、ガイナ塗料を使用すると、130~150万円ほどが相場です。
ただし、シリコン塗料と比べると機能性、耐久性に優れているので、トータルコストはお得である可能性も十分あります。

以上、防音効果のある塗料「ガイナ」の防音の仕組みと効果についてご紹介しました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


今すぐお電話をする