外壁塗装のメリットとは?福岡市の専門業者が解説します!

福岡市で外壁塗装をお考え方の中で、メリットについて知っている方はいらっしゃいますか。
実は外壁塗装にはメリットとデメリットが存在します。
そこで今回は、外壁塗装のメリットやデメリット、必要性についてご紹介します。

□外壁塗装のメリットについて解説します

外壁塗装は定期的にした方が良いと言われますが、そもそも外壁塗装をするメリットについて知らない方もいるのではないでしょうか。
外壁塗装は費用がかかるため、メリットを判断材料にしたい方も多いでしょう。
そこでここでは、外壁塗装のメリットとして3つご紹介しましょう。

1つ目は、耐久性を高め寿命を延ばすことです。
外見が美しくなるだけでなく、外壁塗装には耐久性を高め建物自体を長持ちさせる効果があります。
建物の寿命を長くすることは、建物自体が持つ財産価値を保つこと、耐久性を高めることは住む上での安心感につながります。

家は、雨水など常に危険にさらされていると言えるでしょう
材質よっては、壁に水がしみ込んだり、壁材の隙間に水が入り込むことが考えられます。
また、建物がかなりの年月が経っている場合は、ひび割れができている可能性が高く、水が入り込みやすくなっているでしょう。

しかし、外壁塗装をすれば水の隙間への侵入を防げます。
水は壁材の劣化を急速に早めるため、塗装して水が入り込むのを防ぐことで劣化を食い止め、耐久性の向上につながるのです。

2つ目は、防水性や透湿性を高め、カビやシロアリの被害を防ぐことです。
外壁塗装による水対策は、耐久性の向上の他にも、カビやシロアリの発生を抑えることにもつながるでしょう。

カビやシロアリは水分量の多い場所を好みます。
カビは耐久性を脅かす存在ですが、衛生面でも悪影響を及ぼすかもしれません。

また、家の中の空気がカビで汚染されると、健康面で支障をきたす可能性があります。
病気がちの方や子供がいる場合は特に気をつけたいですよね。

シロアリは壁の耐久性を脅かし、繁殖すれば被害が家全体に渡り使用不能にする恐れもあるでしょう。
そのため、シロアリ対策も1つの大きなメリットと言えます。

3つ目は、断熱効果や遮熱効果を高めることです。
遮熱とは、外の温度が室内に伝わるのを遮る性能のことを指します。
夏には熱い外気を、冬には冷たい空気が室内に入ることを防ぐ機能を遮熱性能と言います。
断熱とは、住宅内部の温度を外に漏らさないことで、断熱性の向上は冷房の効果や暖房の効果を保つことにつながるでしょう。

外壁塗装では壁のバリアを新品に取り換えるため、外気の侵入に対する遮熱効果や、室内の空気を逃がさない断熱効果の向上に貢献できます。
外壁塗装を怠ると費用を節約できたように感じるかもしれませんが、快適な温度で過ごせなくなるというデメリットがあることを押さえておくことが大切です。

□外壁塗装のデメリットについて解説します

外壁塗装にはいくつかデメリットもありますが、家自体に及ぼす被害はないためメリットの方が大切かもしれません。
しかし、デメリットを踏まえそれに対応できるようにすれば、トラブルを未然に防げるでしょう。
ここではデメリットについて3つ紹介します。

1つ目は、約2週間と工事が長いことです。
外壁塗装には足場の組み立てや下処理、また塗装の3回塗りの工程があり、それぞれに時間が必要です。
その期間は、足場によって室内が暗くなったり、洗濯物を干せなくなったり、従業員の出入りに気を配らなければいけなかったりと生活に支障があります。

また、工事中に特に留意しておくべきなのは、窓の開け閉めでしょう。
窓を開ければ、高圧洗浄の水が入ってきますし、塗装作業中はビニールシートで養生され窓が使用できなくなります。
当然ベランダにも出られず外干しもできません。
換気ができず、またエアコンや給油機もシートで覆われるため使用できないことがあります。

2つ目は、近所に配慮する必要があることです。
塗料には特有の臭いがあり、建物の周辺にも広がるでしょう。
建物は飛散防止ネットで覆われるため、近所に塗料をまき散らすことはほとんどありませんが、可能性はゼロではありません。

また、足場の組み立てや解体時には大きな騒音が発生し、近所の迷惑となる可能性も考えられます。
これらは作業する上では避けられないため、隣人トラブルやクレームを防ぐためにも工事を事前に知らせておくことが大切です。
基本的にあいさつ回りは業者が行ってくれますが、工事中は特に近隣への配慮が必要となるでしょう。

3つ目は、費用が高いことです。
外壁塗装は戸建て住宅の場合では、約70万円から90万円ほど費用がかかります。
水廻りの交換リフォームを頼んだ場合は、1か所につき70万円から100万円なので、他のリフォームに比べかなり高いという訳ではありません。
ただし塗料や建物の大きさ、劣化状況によって費用が変わりますので、注意が必要でしょう。

外壁塗装の費用は塗料のグレードによって変わります。
どの塗料を使っても少なくとも60万円は必要ですので、一定以上の耐久性を求めるなら100万円は見ておきましょう。

□外壁塗装の必要性について解説します

外壁塗装にはメリットやデメリットがあることを紹介しましたが、絶対に行うべきかは気になりますよね。
結論から言えば、外壁塗装は必要な工事です。
定期的な塗装を怠ると、見た目が悪くなるだけでなく、建物の劣化が進む可能性が高いからです。

しかし、劣化が起こっていない場合は工事を行う必要はありません。
業者の中には、今後を考えて綺麗なうちからと契約を急がせるケースもあるため注意しましょう。

反対に劣化が深刻な状況にある場合は、塗装工事だけでは足りない場合もあります。
そういった場合は、外壁材自体の張り替えや既存のものの上から重ねて張るなどの作業が必要です。
そのため、状態に応じて適切なメンテナンス方法を選択することが大切でしょう。

しかし、自分でどんな処置が必要かを判断するのは難しいですよね。
そのため、1度塗装業者に相談して、専門的な視点から判断してもらうことが良いでしょう。

□まとめ

外壁塗装のメリットやデメリット、必要性について解説しました。
当社では外壁塗装のプロたちによる高品質な仕上がりを提供します。
外壁塗装でお悩みの方はお気軽にご相談ください。

お見積り

今すぐお電話をする