外壁塗装のメンテナンスの必要性とは?福岡の業者が解説!

「外壁の塗装が少しはがれてきた」
「メンテナンスをする必要性があるのだろうか」
このようにお悩みの方はいらっしゃいませんか。
今回の記事では、外壁塗装のメンテナンスの必要性について考えていきましょう。

 

□塗装の耐用年数

実は、外壁の塗装には寿命があります。
外壁は常に外にさらされているため、汚れてしまったり傷が付いてしまったりすることがあります。
例えば、台風などによる風雨によってシミが付いてしまう、あるいは物が飛んできて傷が付いてしまうといったことが考えられるでしょう。

一般的に、外壁の塗装の耐用年数は10年前後とされています。
ただし、使用する塗料やメンテナンスの有無などによって、耐用年数が短くなる可能性もあります。
多くの住宅で採用されているシリコン塗料でしたら、10~15年ほどは塗料としての効果を十分に発揮するとされています。

 

□塗装の劣化症状

*コーキングのはがれ・傷

建材と建材の間の隙間を埋める柔らかい充填剤のことをコーキングと言います。
コーキングは建材の隙間から水分が入り込むことを防ぐための重要なものです。
コーキングがはがれてしまったり傷が付いて隙間ができてしまったりすると、建材の内部に水分が侵食してしまいます。

 

*塗装のひび割れ・傷

外壁の塗装は見た目をきれいにするためだけの物ではありません。
外壁の塗装には外壁を保護するといった役割も持っているのです。
もし外壁に塗装がされていなければ、外壁に直接風が当たってしまいますよね。
そうすると、すぐに外壁が傷んでしまうので、住まいを保護できなくなってしまいます。

 

□メンテナンスは必要?

コーキングやひび割れなどを放置してしまうと、建材の劣化が進んでしまいます。
そして、雨水の侵食や隙間風の原因ともなってしまいます。

ですので、外壁の塗装のメンテナンスは必要です。

 

□どのようなメンテナンスをすればいいのか

普段から汚れやシミを綺麗にするといった簡単なメンテナンスを心がけておくとよいでしょう。
専門の知識が必要な難しい作業は、外壁塗装の業者に相談しましょう。

 

*観察

耐用年数を超えていなくても、塗装に劣化が見られることもあります。
ですので、1か月に1回程度の頻度で構わないので、定期的に外壁の塗装を観察することが重要です。

 

*塗り替え

コーキングやひび割れなどの症状を発見した場合や塗装の耐用年数を超えた場合は、塗り替えを検討すると良いでしょう。

 

□まとめ

今回は、外壁塗装のメンテナンスの必要性について解説しました。
外壁塗装のメンテナンスを行い、大切な住まいを守りましょう。

今すぐお電話をする