外壁塗装の塗料の種類と選び方!福岡の外壁塗装店が教えます!

「外壁塗装を検討しているけど、塗料の種類ってどのくらいあるんだろう。」
「使用する塗料の選び方を知りたい。」
外壁塗装を検討した際に、このように思う方は多いです。
基本的なことを押さえると、意外と簡単だとご存知でしたか?
そこで、今回は外壁塗装の塗料の種類と選び方を紹介します。

 

 

□塗料のグレード

塗料にはグレードがあり、使用するグレードによって耐久性などの性能が異なります。
一般的なグレードの順番は、下からアクリル、ウレタン、シリコン、フッ素です。
この中でフッ素が、一番高いグレードです。

 

*アクリル

アクリル系塗料は他の塗料に比べて費用を抑えられることが特徴です。
しかし、費用が安いので耐久性が他の塗料と比べて低く、新しく外壁塗装をしても短期間でメンテナンスする必要があるので、外壁塗装に使用されることはあまり多くありません。
費用に重点を置く方や、外壁塗装をこまめに行いたい方におすすめです。

 

*ウレタン

耐用年数が長ければ約10年と長持ちするので昔はウレタン系塗料が外壁塗装の際に最も使用されていました。
最近はシリコン系塗料を使用する方が増えています。
密着性に優れており、塗装が剥がれている箇所にピンポイントで使用できることはとても効果的です。

 

*シリコン

費用と耐久性のコストパフォーマンスが優れており、現在最も使用されている塗料でしょう。
人気が高いため、遮熱機能や耐候性が付加された商品もあり、色合いも豊富です。
高すぎる塗料は選べないが、安すぎるものも使用したくない方へおすすめです。

 

*フッ素

フッ素系塗料の特徴はなんと言っても硬さで、耐用年数が12〜15年程度と長く、耐久性にとても優れた塗料です。
費用は高くなりますが、フッ素系塗料は外壁を長期間保護できるので、メンテナンスが当分必要ないです。
このように長い目で見たらコストパフォーマンスが優れています。
大きな家を外壁塗装する際には、足場を掛ける面積も広くなり、足場設置の費用がかさみます。
アクリル系塗料を使用し、定期的に塗り直すと費用が逆に高くなってしまいますよね。
したがって、大きな家に住んでいる方に特におすすめです。

 

 

□まとめ

今回は外壁塗装の塗料の種類と選び方を紹介しました。
分かりにくそうだった選び方も意外と簡単だと思われたのではないでしょうか。
当社は27年間の塗料販売店としての知識をもとに、福岡を中心に無駄のない「最適で最高」の仕上がりを実現してきました。
また、当社には外壁塗装に詳しいスタッフが多数在籍しております。
ご相談がありましたら、ぜひお問い合わせください。

お見積り

今すぐお電話をする