屋根塗装でよくある失敗とは?注意点を解説|福岡で外壁塗装をするなら

「屋根塗装で失敗したらどうしよう」
「屋根塗装での失敗は避けたい」
屋根塗装を検討されている方の中には、上記のようにお考えの方も多いのでしょうか。
屋根塗装では、工事中の不手際や悪徳な業者の増加によって、失敗してしまう事例が多くなっています。
今回は、屋根塗装で良くある失敗例や屋根塗装を依頼する際の注意点をご紹介します。

 

□屋根塗装でよくある失敗・注意点

 

*塗装によって雨漏りが起こった
「塗り替えを行うために、屋根塗装を行ってもらったのに、塗装後に雨漏りが生じてしまった」「雨漏りを修理してもらったはずが翌日には雨漏りが再発していた」など、「塗装によって雨漏りが起こった」という事例も多くなっています。
これは、塗装時の施工不良によって起こる失敗例です。

 

*サンプルの色と実際の色が違う
「サンプルの色と実際の色が違う」という失敗も多くなっています。
これは、日当たりや大きな面積で塗った時の印象の変化から起こる失敗例です。
塗料の色を検討する際は、できるだけ大きなサンプルを見せてもらったり、実際に同じ色で施工した事例を見せてもらったりなど実際の色を確認するようにしましょう。

 

*塗装だけでは修復できない場合がある
台風や地震などの自然災害によって、屋根材に大きな損傷が起こった場合は、屋根塗装だけで修復することは難しくなります。
業者の方と相談しながら、屋根塗装で修復できるのか、検討することが必要です。

 

*相場よりも高い費用を請求された
屋根塗装を依頼する場合は、必ず見積もりを出してもらうようにしましょう。
見積もりを出してもらわなかった場合、相場よりも高い費用を請求されたり、予定していなかった工事を勝手に行われて、追加費用を払わさられるなどの被害に繋がります。
事前に複数者に見積もりを依頼して、相場を知っておくことが重要です。

 

*契約は必ず書面で行う
屋根塗装・外壁塗装では、書面で契約せず、口約束で契約してしまったためにトラブルが起こってしまったという事例が多くなっています。
こう言ったトラブルを防ぐためにも、契約は必ず書面で行うようにしましょう。

 

□「業者選び」がかなり重要です
今回は、屋根塗装で良くある失敗例や屋根塗装を依頼する際の注意点をご紹介しました。
塗装工事がうまく行くかどうかは、業者選びにかかっています。
悪徳な業者に引っかかってしまい被害に遭わないためにも、業者選びは慎重に行っていきましょう。
私たちハヤトリフォームは、塗装やアフターケアを丁寧に行っています。
塗装をお考えの方はぜひ一度、お問い合わせください。

今すぐお電話をする