屋根塗装で防水はできるのか?福岡市にお住まいの方へ!

「屋根塗装で雨漏りは防げるのだろうか」
福岡市にお住まいの方で、このようにお悩みの方はいらっしゃいませんか。
屋根塗装には防水効果がありますが、雨漏りの補修としては不十分な場合があります。
そこで今回は、屋根塗装で防水をするポイントを紹介します。

□屋根塗装で雨漏りは防げるのか

*防水塗装が有効な条件

防水塗装が屋根の雨漏りに高い効果を発揮させるためには、屋根材が動かないことが条件です。
しっかりと固定された屋根を1枚の膜で覆うことで、防水塗膜を守り、雨水が屋根内部への侵入するのを防ぎます。
屋根材が不安定な状態で1枚の防水塗膜で覆ったとしても、すぐに破れて効果を発揮できません。
つまり、瓦屋根など屋根自体が動く状態のものは、防水塗装では不十分ですので、他の方法で試す必要があります。

*防水塗装で雨漏りが解決するケース

屋根の防水塗装をする場合、雨漏りが解決する場合とそうでない場合があります。
解決するケースは、雨漏りの原因が屋根塗装や屋根工事施行の段階での軽いミスにある場合です。
状態が軽い場合は、防水塗膜で覆うことで隠せるため、雨漏りが防げます。

一方で、防水塗装で解決しないケースは、屋根の破損が大きい場合です。
状況が悪ければ、塗膜で覆ったとしてもすぐに破れてしまい、雨漏りは防げません。
また、すでに雨漏りが進行している場合も解決は難しいでしょう。

□屋根塗装の役割とは

そもそも屋根塗装の役割とは何なのでしょうか。
ここでは、3つの役割を紹介します。

1つ目は、屋根材の保護です。
屋根材といっても、さまざまな種類がありますが、全てが雨に強いわけではありません。
特に、多くの建物で使用されるスレートやセメント瓦は水を弾かないため、雨水がしみ込みやすい素材です。
塗装をすれば、水が浸透するのを防ぎ、劣化しにくくなります。

また、屋根材は雨だけではなく、紫外線によっても劣化が進みます。
そのため、屋根の素材が紫外線の影響を直接浴びないよう、保護することが大切です。

このように屋根塗装の重要な役割として、屋根材自体を守ることがあります。
屋根材の劣化を遅らせられるため、雨漏り防止にも効果があると言えるでしょう。

2つ目は美観を保つことです。
屋根の塗装の劣化が進めば、色があせたり、ツヤが無くなったりします。
また、汚れを防ぐ能力も弱くなり、汚れやすくなります。

建物にとっては、美観も重要な要素の1つです。
どれだけ高機能だとしても、屋根の汚れがひどいと、建物全体のイメージが悪くなってしまいます。

屋根塗装を行うと、建物の美しさを取り戻せます。
屋根は建物においても大部分を占める場所であるため、建物全体の印象を一新できるでしょう。
さらに、塗装することで汚れが弾きやすくなるため、カビやコケの心配もなくなります。

3つ目はさまざまな効果を付加することです。
屋根塗装に使用される塗料には、さまざまな機能を持つものがあります。
機能性が高い塗料を使えば、室内が心地良くなったり、塗料が長持ちしたりとたくさんの良いことがあります。

特に、屋根塗装と遮熱機能の組み合わせはベストマッチです。
遮熱機能とは、太陽の光を効率良く反射することで、屋根の表面温度を下げる機能です。
屋根の表面温度が下がることで、室内の温度も下げる効果があります。

□屋根塗装で防水性を高めるポイントを紹介

屋根塗装を行う際に、防水性を高めるために必要なポイントを2つ紹介します。

1つ目のポイントは、防水材料を知っておくことです。
代表的な防水材料としては、ウレタンやFRPが挙げられます。
それぞれを用いた加工方法である、ウレタン防水とFRP防水の特徴を確認しましょう。

ウレタン防水は、ウレタン樹脂と硬化剤を混ぜ合わせた液体を利用して、固いゴムのような防水層を形成します。
メリットとしては、複雑な構造の屋根でも塗装できることがあります。
また、塗料の種類が違っても、その上に塗り重ねられるため、金属屋根などには最適でしょう。

FRP防水は、ガラス繊維とポリエステル樹脂を用いて防水層を形成します。
耐水性や強度に優れ、効果が早いため工期が短いというメリットがあります。
しかし、紫外線が当たることで劣化が進みやすいため注意しましょう。

2つ目のポイントは塗装前にひび割れや凸凹を修繕しておくことです。
ひび割れの補修を行わずに上から塗装すると、防水効果が半減します。
ひび割れには、表面のみの小さなものと、深層部分までのものがあり、それぞれで補修方法が異なります。

前者では隙間を埋めるだけで完了しますが、後者の場合はより密着させる方法で施行することが大切です。
これは、深いひび割れは地震や建物が歪んでいることが原因の場合があり、再発のリスクがあるためです。
また、塗装の下地が膨らんでいたり、凸凹があったりする場合は、塗装前に表面を滑らかにする必要があります。

□まとめ

屋根塗装で防水をする際、状況によっては塗装以外にも工事が必要となる場合があります。
屋根塗装で防水をお考えの方は、この記事の内容を判断材料として役立ててくだされば幸いです。
他にも何かお困り事があれば、ぜひ当社にご相談ください。

お見積り

今すぐお電話をする