屋根塗装における失敗は?注意点とともに福岡の業者が教えます

「屋根塗装で失敗したくない!」
今回はこのようにお思いになられている方に向けて、屋根塗装を業者に依頼するときによくある失敗事例を三つほどご紹介して、何を注意すればよいのかについてお話いたします。

 

●相場がわからずに余計な出費

金銭面での失敗が多く生じているのは、屋根塗装においては費用の相場が見えにくいという点に要因があります。
同じ内容で同じような質の工事なのに会社によって料金が違うというのはよくあることで、工事が終わってからもっと安くできることに気づくという失敗があります。

これを避けるためには、複数の業者に見積もりを依頼して比較検討をする相見積もりがお勧めです。

 

また、費用面の失敗としては「X円から~」「基本料金XX円」「一括Y円」「特別価格!」といった言葉に惹かれて契約したものの実際の支払いは表示価格よりはるかに高かったということもあります。
これを避けるためには、ご自身が行う場合にもその金額なのかあるいは対象に含まれるのかということについて確認することが大切です。

 

●オリジナル塗料、どのような塗料かわかりますか?

オリジナルや独自といった表現は魅力的に感じるものですよね。
しかしながら、これを巡る失敗もしばしば起こっています。
使われた塗料が質の低いものだったために短期間で不具合が生じたということや大した質ではないのに高額の料金を支払ってしまったという事例があります。

 

塗料の種類は数十種類もありません。
特に、日光や降水を受け続ける屋根については耐久性の高い塗料が中心になり、使われているものも限られてきます。
一部のみが昔から使われているのはそれだけ現状では総合的に優れているということであり、一方で新しい塗料の開発が難しいということにもなります。
中身が何かわからないものに飛びついて高い費用をかけるよりは、よく使われている塗料の中から選ぶのが無難です。

 

●費用を安くするからと言っても抜いてはいけない工程

「○○をしなければ安くなりますよ!」余計なオプションを省いてもらえるのは嬉しいことですよね。
しかしながら、業者の中には抜いてはいけないものまで抜くことを提案してくる場合もあります。

 

たとえば、足場の設置や高圧洗浄です。
足場は高所での作業になることから安全性を確保し、より丁寧さが求められる塗装作業を集中できる環境づくりとして欠かせないものです。
そのため、足場を簡易的なものにしたり、そもそも設置しないのは重大な事故につながったり、塗装がうまく行えないことによって早期の不具合につながったりします。

 

また、高圧洗浄はのちの塗装の段階でゴミの混入や塗りムラを避けるために表面を綺麗にする作業ですが、これを行わないと塗膜の安定性が低下してしまうことになります。
このように塗装工事には、塗装そのもの以外にも欠かせない工程がいくつかありますので、それらは確実に行ってもらうようにしましょう。

 

◎最後に

今回は、業者に依頼した時の失敗事例にどのようなものがあるのかと注意点についてご紹介いたしました。
屋根塗装を依頼される際には参考にしていただければと思います。

今すぐお電話をする