屋根塗装に注目!雨漏りが生じる原因とは?|春日市で外壁塗装をするなら

「屋根の塗装を行ってもらったのに、雨漏りが生じてしまった」
「雨漏りが生じる原因が知りたい」
雨漏りでお悩みの方の中には上記のようにお考えの方も多いのではないでしょうか。
屋根から雨漏りが生じてしまう原因は様々です。雨漏りが生じてしまう原因を理解して、屋根塗装の問題を解決していきましょう。
今回は、屋根塗装で雨漏りが生じてしまう原因をご紹介します。

□屋根塗装で雨漏りが生じる4つの原因

*施工不良によるひび割れ
雨漏りが生じてしまう1つの原因として、施工不良があります。
塗装は一回の作業で終了するものではありません。
下塗り・中塗り・上塗りの三段階に分けて塗装していきます。
一段階終われば乾燥、もう一段階終われば乾燥、というように乾燥させながら塗装していくのですが、その乾燥の時間が適切でない場合、ひび割れが生じやすくなり、雨漏りの原因になります。

*自然災害による屋根材のズレ
大雨や台風、地震などの自然災害により、瓦や屋根葺といった屋根ざいにズレが生じてしまい、雨漏りが生じます。
大きくズレが生じてしまった場合、塗装会社では対応できない場合があるので、事前に問い合わせておきましょう。

*塗りすぎによる毛細血管現象
実は、塗料は多く塗れば塗るほどいい、というわけはありません。
多く塗り過ぎることで、細かい隙間が生じやすくなり、毛細血管現象が生じて、雨水が侵入しやすくなります。

*年月が経ったことによる劣化
屋根塗装は、メンテナンスなしで何十年と使用できるものではありません。
塗料ごとに耐用年数が違ったり、外的要因で問題が生じてきます。
強い日差しや雨水に晒されること、自然災害によって破損が生じていまうこと、塗料の耐用年数を過ぎて劣化が生じてしまうこと、藻やカビなどによって劣化が促進されることなど様々な要因が働いてきます。

□定期的なメンテナンスで雨漏りを防ぐ
今回は、屋根塗装で雨漏りが生じてしまう原因をご紹介しました。
自然災害による屋根材のズレや、施工によるひび割れば発見された時点で、塗替えを検討しましょう。
また、年月の経過によって生じた劣化で雨漏りが生じたのか、施工不良によって雨漏りが生じてしまったのかの判断は難しくなっています。

事前に、どのような箇所に雨漏りが生じているのかを確認し、塗装作業中はどのように作業を行なっているのか確認しておきましょう。
屋根塗装を検討されている方は、ぜひ今回の内容を参考にして見てください。
原因を知ることで、適切な対策を取ることができます。

今すぐお電話をする