屋根塗装の種類別の耐用年数は?|春日市で外壁塗装をするなら

「屋根の塗装の劣化が目立ってきたから、そろそろ塗り替えを行いたい」
「屋根塗装が劣化する原因を知って、メンテナンスに役立てたい」
屋根塗装の塗替えを検討されている方の中には上記のようにお考えの方も多いのではないでしょうか。
屋根塗装の劣化には原因があります。
また、塗料の種類によってお耐用年数が違うため、塗替えの際は塗料ごとの耐用年数の違いも考慮して行いましょう。
今回は、屋根塗装の劣化の原因とはどういったものなのか、そして塗料ごとの耐用年数はどのくらいなのかをご紹介します。

 

□屋根塗装の劣化の原因
屋根塗装に劣化が生じる主な原因を3つご紹介します。

 

*年月が過ぎることによる劣化
塗装は、年月が過ぎることで劣化を生じていきます。
雨水に晒される、強い日差しに晒される、表面温度に大きな温暖さが生じるなど、日々の変化によって劣化していきます。

 

*大雨や台風、地震などの自然災害
屋根は、住宅内部を守るための役割を果たしています。
大雨や台風から住宅内部を保護している分、その影響を大きく受けています。
地震が生じた場合にも、屋根塗装は大きな影響を受けています。
このような自然災害により、屋根塗装の劣化が生じます。

*藻やカビによる劣化
藻やカビを放置していると、屋根塗装の劣化につながります。
藻やカビは問題ないと判断されがちですが、知らないうちに屋根塗装の劣化が進んでいます。

 

□屋根塗装の耐用年数は?|塗料の種類ごとに解説
屋根の塗装は、機能を維持できる、おおよその耐用年数が決まっています。

 

*アクリル系塗料
アクリル系塗料は、塗料の中でも安価なものになります。
耐用年数は3〜5年と短いです。

 

*ウレタン系塗料
ウレタン系塗料は、一昔前まで多く用いられてきた塗料で、扱いやすいのが特徴です。
耐用年数は、5〜7年となっています。

 

*シリコン系塗料
シリコン系塗料は、費用と耐久性のバランスがよく、最も多く用いられている塗料です。
耐用年数は7〜10年です。

 

*フッ素系塗料
フッ素系塗料は、一般的な塗料の中でも最も耐久性の高い塗料です。
耐用年数は10〜15年です。

 

□適切なメンテナンスで長く丈夫な屋根に
今回は、屋根塗装の劣化の原因とはどういったものなのか、そして塗料ごとの耐用年数はどのくらいなのかをご紹介しました。
適切なメンテナンスを施すことで、長く安心できる綺麗な外壁を維持することができます。
耐用年数を超えていなくても、何か問題が見つかれば積極的に塗替えを行っていきましょう。

今すぐお電話をする