屋根塗装は足場なしでも可能?福岡市にお住まいの方必見です!

そろそろ住み慣れた我が家をリフォームしたいと考えている方はいませんか。
かつてのマイホームの外観を取り戻したくても、実際に足場を組むとなればその費用も気になるところです。
ここでは、足場を組むのを迷っている福岡市在住の方に、足場なしでの屋根塗装の危険性と足場を使う際のポイントについて紹介していきます。

 

□足場なしで屋根塗装を行うデメリットとは?

屋根塗装を賢く安全に行うにはどうすれば良いのでしょうか。
そもそも屋根塗装の足場は必要なのでしょうか。
足場なしでの塗装を行ってはいけない理由は主に3つあります。

一つ目は、安全に作業することが難しい点です。
足場を設置しなかった場合、塗装で足を滑らせて大怪我をしてしまう可能性があります。
2階建ての一軒家の屋根の高さはおよそ7メートルですが、厚生労働省の「労働安全衛生規制」では、2メートル以上の高さの作業場では足場を使用することが義務づけられています。
足場なしで屋根塗装を行う場合は、作業員の命を守るための法律を遵守していないということになります。

二つ目は、施工不良が起きうる点です。
足場を使用しない場合、足元が安定せず傾斜のある屋根やはしごの上などでの作業をスムーズに行うことが難しくなります。
例え作業に慣れている職人であっても、安全面や姿勢の維持など他に気を回していては屋根塗装に集中出来ません。
丁寧に作業が行えず、万が一塗りムラがあった場合屋根の劣化を早める原因になります。

補修が必要になってしまうと、最終的に本来の足場の費用よりも費用がかさんでしまうことになるでしょう。
そして三つ目に、作業にあたっての水や塗料の飛散がトラブルの原因になるという点が挙げられます。
屋根塗装に足場を用いない場合飛散防止シートを使えません。
飛散防止シートとは、工事現場でも使われているメッシュの囲いを指します。

職人さんの落下、水や塗料の飛散を防止する役割のあるこのシートを使用しないと、近隣の家の壁や車を汚してしまいご近所トラブルにもつながりかねません。
飛散防止シートを設置するためにも足場は欠かせないといえるでしょう。

 

□足場を使って屋根塗装する時気を付けることは?

安全性や完成度の面においておすすめされる足場ありでの屋根塗装ですが、懸念されるのは防犯上の問題です。
足場を用いて屋根塗装を行う場合まずは防犯対策が欠かせません。
防犯対策の一環としては、カーテンや雨戸で職人さんが視界に入らないようにすること、窓のロックを怠らないようにすることなどが大切です。
悪徳業者による窃盗のリスクも未然に防げます。

続いて、費用を抑えることに関しても重要なポイントがあります。
それは、外壁塗装と屋根塗装を同時に行うことです。
例えば、家のメンテナンスを10年ごとにし、30坪の家に30年住み続けたとします。
屋根塗装は平方メートルあたり2500円、外壁塗装は平方メートルあたり1200円として算出すると、屋根塗装と外壁塗装を別々に行った場合と同時に行った場合とでは30年で90万程の差額が生まれます。

外壁塗装と屋根塗装、どちらの工事も足場を必要とするため、別々に工事を行うよりは二か所同時に行う方がコストパフォーマンスは良いです。

 

□賢く屋根塗装を行うには?

せっかくお金を出して塗装を行ってもらうのですから、最終的には満足のいく結果にしたいものです。
工事をより効果の高いものにするために、工事中に行うと良いことについてご紹介します。
まずは、工事中の写真を毎日とってもらい、現状報告をしてもらうとよいでしょう。
最終的な仕上がりだけでなく、途中段階の様子もご自分の目で確認することで、安心して工事をしてもらえます。

次に、使用した塗料量も確認しておきましょう。
塗料には、1平方メートルあたりに使う規定量があります。
例えば薄めて使い正しい量を使用しないと、耐用年数が落ちてしまいます。
塗料は絵具と違い薄めても見た目が変化しないため、中には材料費節約のためこうした施工をする悪徳業者も存在します。

塗料の性能を発揮するために、使用料を記録してもらい報告してもらうことが大切です。

また、工事後も3~5年ごとの点検を怠らないようにしましょう。
台風の災害の影響で一部塗装がはがれてしまったとしても、屋根を定期的に点検していなければそこから始まる劣化に気づくのが難しいです。
こまめに点検してもらえば部分的な破損も簡単な補修で済み、屋根自体を長持ちさせることにもつながります。

工事中も工事後も、担当の職人の方と入念にコミュニケーションをとることが大事です。
気になることは抜かりなく聞き、長期的な安心を手に入れましょう。

 

□まとめ

費用と相談し、自分にとって納得のいく屋根塗装をするにはいくつかのポイントを押さえる必要があります。
本記事では、安全面からも足場は必要であること、足場を使用する際のポイント、賢く屋根塗装をおこなう方法を紹介しました。
福岡市にお住まいの屋根塗装をお考えの方は、お気軽にハヤトリフォームまでご相談ください。

 

 

お見積り
今すぐお電話をする