屋根塗装を業者に依頼する際に失敗しない注意点をきちんと把握できていますか?福岡の業者が解説します!


「屋根の汚れが目立ち、雨漏りもするようになったからそろそろ屋根の塗装をしよう。」と思った時、たいていの方は業者に依頼をすると思います。
しかし、業者に依頼したものの「思ったより値段が高かった」「手抜き塗装が行われた」といったような失敗例が多く発生しています。

そこでこの記事ではそのような失敗が起こらないためにも、業者に依頼する際の注意点をお伝えしたいと思います。

 

【業者に依頼する際の注意点】

 

業者に依頼する際の主な注意点として次の2が点が挙げられます。

 

1.きちんと検査をせずに内容の薄い見積書を出す業者は避ける
屋根の塗装を行う前には、屋根の状態をきちんと検査する必要があります。
きちんと検査をしていないと、無駄な費用が発生する、塗装の質が悪くなるなどの恐れがあるからです。

 

無駄な費用が発生することに関しては、最初にきちんと検査をせずに塗装を行ってしまったことで塗装をしなくてもいい部分も塗装してしまい、無駄な費用がかかってしまうことがあります。
また、モルタルの補修やコーキングの補修など、屋根の塗装より先にやらなければならないことがあるかもしれません。
そのため、きちんと検査をせずに見積書を出す業者は信用できません。

 

また、見積書の内容が細かいことも重要です。
最低でも、「塗料のメーカー名」「商品名」「施工面積」「必要缶数」の情報は必要です。
これらの情報がない見積書を提出する業者はやめておきましょう。

 

2.価格だけにつられない
屋根塗装業者を選ぶ際、価格を選択の基準としている方は多いと思います。
もちろん価格が安いことは重要な要素です。

 

しかし、価格の安さだけで業者を選択することは避けるべきです。
なぜなら、低価格の背景には「低グレードの塗料の使用」や「工程の短縮」が行われている可能性があるからです。
低グレードの塗料は、価格が安く魅力的に見えるかもしれませんが、たった数年で劣化し始めてしまうため、長い目で見ると良くありません。
結局塗り直しなどの費用がかかるため、トータルコストで見ると決して安いとは言いきれません。

 

また、屋根塗装を行う際にはいくつかの工程があります。
工程のいずれかを省くことで価格は低く抑えることができますが、この工程が一つでも欠けてしまうと塗装を長持ちさせることは難しくなってしまいます。

 

【最後に】

 

以上、屋根塗装を業者に依頼する際の注意点を説明しました。
業者選びに失敗しないためにも、ぜひこのような点に気を付けてみてください。

 

ハヤトリフォームは、お客様の信頼を第一にアフターサービスも丁寧に行っています。
ぜひ一度ご相談ください。

今すぐお電話をする