屋根塗装を行う前に知っておきたい!業者の善し悪しを見極めるポイント

みなさんこんにちは。
「外壁塗装をもうそろそろ始めようかな」と思い立った人がまず先に悩むのが「業者選び」ではないでしょうか。
塗装業界には悪徳業者が多く、どうやって信頼できる業者を見つけるのか難しいですよね。

「塗装」という普段あまりなじみのない分野のため、多くの方が難しいイメージを持たれがちですが、実は簡単に業者の善し悪しを見極めるポイントがあります。
そこで今回は、屋根・外壁塗装を依頼する業者の選び方についてご紹介したいと思います。

■塗装工事の実績が豊富

既に目星がついている業者がいる場合、まず確認しておくべき点は「どれぐらい塗装工事の実績があるか」です。
外壁や屋根の塗装工事において実績が豊富であればあるほど、提案の幅が広く技術力にも長けている可能性があるため、安心して依頼することができます。
業者の塗装実績を確認するためには、まず業者のホームページをチェック、もしくは塗装業者に直接問い合わせてみましょう。

■有資格者が在籍

塗装工事をする際、必ずしも資格が必要というわけではありませんが、業者の善し悪しを見極める判断基準になります。
ここでは塗装工事に関する資格をご紹介いたします。

・診断に関する資格
外装劣化診断士-一般社団法人住宅保全推進協会が認めた建物判断のプロ
雨漏り診断士-特定非営利活動法人雨漏り診断士協会が認めた雨漏り診断のプロ

・職人としての資格
一級塗装技能士と二級塗装技能士-どちらも塗装技術を認定する国家資格
やはり資格があるのとないのでは施工の技術も変わってきますので、判断材料の一つとしてご参考ください。

■アフターケアや保証がしっかりしている

外壁や屋根塗装などのリフォーム工事には保証に法的な義務がありません。
そのため、塗装業者を依頼する場合、その業者がいつ・どこまで保証してくれるのかということも、信頼できる業者かどうかの判断基準になります。

そのため保証制度がしっかりしていない業者は基本的に避けておきましょう。
さらに、口約束にならないように実際に保証書を発行しておくように依頼しましょう。
ハヤトリフォームはお客様からの信頼を第一と考えているため、保証制度はもちろんアフターケアも完備しております。

■まとめ

以上、外壁・屋根塗装業者の選び方についてご紹介いたしました。
これを機に塗装業者を選ぶ際は、是非こちらの記事を参考にしていただければ幸いです。
ハヤトリフォームはお客様と継続的なお付き合いを第一に、丁寧に真心こめて本日も施工を行っております。

今すぐお電話をする