屋根塗装前に把握すべき、雨漏りの原因とは?福岡の業者がご紹介

 

 

 

屋根塗装をしようと考えるきっかけは、人それぞれあると思いますが、そのうちの一つとして挙げられるのが、雨漏りの発生ではないでしょうか。
屋根塗装をすることは、屋根を保護し、雨漏りを防止することに効果があるとされています。
そこで今回は、そんな雨漏りの原因についてご紹介します。

 

□屋根本体の経年劣化
屋根が経年劣化すると、雨漏りの原因となる問題が生じます。
その問題は、屋根材の種類によって異なります。
例えばスレート瓦の場合、経年劣化によって水を吸収するようになってしまい、最終的には雨漏りを引き起こしてしまいます。
また金属屋根の場合は、経年劣化によって錆びが生じるようになって穴が空き、そこから雨水が侵入してしまいます。

 

□屋根塗装の際に縁切りを怠った
スレート瓦の屋根を塗装すると、瓦の重なった部分に塗料が入り込み、その状態のまま乾燥させることでその隙間を塞いでしまうようになります。
縁切りとは、その隙間を埋めている塗膜に切れ目を入れる作業のことです。
縁切りを怠ると、屋根の内部に入り込んだ雨水が瓦の隙間を通り抜けることができなくなるため、雨漏りが生じる原因となってしまいます。
縁切りは手間のかかる作業であるため、縁切りをしないで屋根塗装工事を終えてしまう業者も一部存在します。
縁切りされているかを自分で確認することは難しいため、信頼できる業者に依頼して点検してもらいましょう。

 

□板金の経年劣化
建物の内部に雨水が入らないようにするための防水施工のことを、雨仕舞といいます。
屋根の雨仕舞部分には、板金というものが取り付けられています。
この板金が、経年劣化によって錆びたり変形したりして穴が開いてしまい、それによって雨漏りが生じてしまう場合があります。

 

□屋根と外壁部分の連続性が不十分
屋根と外壁部分との連続性が不十分であった場合、その境目の部分から雨水が入り込み、雨漏りが発生してしまう場合があります。
特に、外壁と屋根の施工を異なる業者が担当して両者の連携不足があると、このような事態が起こりがちであるようです。

 

以上、雨漏りの原因についてご紹介しました。
上記でご紹介した以外にも、雨漏りの原因は様々あります。
しかし、どれが原因かを一般の方が自ら確認することは難しいため、雨漏りが発生した際には信頼できる業者に依頼して確認してもらいましょう。
原因によっては外壁塗装を行う必要もあるでしょう。
福岡で外壁塗装をお考えの方は、ぜひハヤトリフォームにご相談ください。

今すぐお電話をする