意外と知らない外壁塗装に使われる塗料の種類と選び方

みなさんこんにちは。ハヤトリフォームです。
みなさんは外壁に使われる塗料がどんなものがご存知でしょうか。
おそらく専門業者の方以外殆ど知らないことだと思います。
そのため外壁塗装をご検討の際、どのような塗料を外壁に使用すればよいのかお困りかと思われます。

塗料について全く知らないことに漬け込み、塗装業者が一方的におすすめする高い塗料を選んでしまったり、安さだけで判断してしまったりすることも残念ながらあるようです。
そこで今回は、知っておきたい外壁に使用する塗料の種類とその特徴について解説したいと思います。

■塗料のキホン -種類-

一般的に外壁に使用される塗料は大きく6種類あります。
各塗料は耐久性と性能が全く異なりますので、ここで軽く名称と特徴に目を通しておきましょう。
・アクリル系塗料
外壁塗料の中で一番安い
耐久性は約4年

・ウレタン系塗料
密着性に優れているのが特徴
特に塗装の剥がれや軽度のひび割れなどによく使用される
耐久年数は約6年

・シリコン系塗料
現在ほとんどの住宅の外壁に使用されている
人気の理由は価格と耐久性のバランスが良い点である
耐久年数は約13年

・フッ素系塗料
耐熱性・耐寒性に優れている
価格が高めに設定されている
耐久性は約18年

・遮熱塗料
太陽光の熱をはじき、外壁と屋根の表面温度を下げる効果がある
そのことから省エネ効果を発揮してくれる
耐久年数は約18年

・光触媒塗料
この塗料は太陽の光で屋根や外壁に付着した汚れを浮かせ、雨水で洗い流し落とす効果がある
高付加価値のため費用も高い
耐久年数は約20年

■失敗しない塗料の選び方

これら以外にもさらに何十種類の塗料がありますが、ここで皆さんが気になっているのは、「どうやって塗料を選べばよいのか」ということですよね。
塗料を選ぶ際、まず大切なポイントは「価格」と「耐久性」です。

外壁塗装は一度に数十万円から数百万円の費用がかかります。
そのため、多くの方が価格に惑わされて安い塗料を選びがちですが、長期的な視点で考えると実は初期費用にお金がかかる方が経済的なこともあるのです。
したがって、塗料を選ぶときは自分の家の状態や、塗料の価格と耐久性を考慮して選ぶと良いでしょう。

■まとめ

以上、外壁に使われる塗料について選ぶ重要なポイントともに解説いたしました。
塗料には様々な種類と特徴があり、もちろんそれぞれの耐久性も異なるため、住宅に合った塗料を選ぶことが一番重要です。
これを機に外壁塗装をご検討の際は、是非弊社へお気軽にご相談くださいませ。

今すぐお電話をする