意外に忘れがち!外壁塗装の際にご近所へのご挨拶は必要?

外壁塗装の工事で忘れがちなのが、ご近所へのご挨拶です。
皆さん挨拶をないがしろにはしていませんか。
ハヤトリフォームでは近隣へのご挨拶を事前にしますが、より丁寧にしたい場合などもあると思います。
そこで、この記事ではご近所へのご挨拶をするメリットや、ご挨拶をする際のマナーなどについてご紹介いたします。
 

◆なぜ挨拶が必要なの?

外壁工事は外で行います。そのため、ご近所の方々に迷惑が掛かってしまう可能性が十分にあるのです。
例えば、騒音や塗料のにおい、振動などは工事中に発生してしまうので、これらを不快に思われる方もいらっしゃいます。
そして、それが原因でご近所の方との関係が悪化したり、トラブルになったりしてしまう可能性があります。
ですから、そのようなことにならないように、ご近所へのご挨拶をするべきなのです。
 

◆いつくらいにご挨拶をすれば良いの?

ご挨拶はいつまでに済ませれば良いのかということですが、目安としては外壁塗装工事をする1週間前までに済ませておくと良いでしょう。
反対に、前日などに伺ってしまうと、マナーがない人だと思われてしまうかもしれません。
 
仕事の都合やご近所さんの都合によって、挨拶のタイミングがなかなか合わない場合があるかもしれません。
「ご近所さんがなかなか出ないから挨拶はもういいや」というのも失礼に当たるので、その時はお知らせの手紙を書いてとりあえずの挨拶をしておくといいでしょう。
 

◆ご挨拶の際に説明する内容は?

ご挨拶の際には、工事はどのくらいの期間行われるのか、何時から何時まで行うのかを説明して、その時間帯で迷惑がかからないかを確認しましょう。
また、騒音や塗料のにおい、振動などご近所さんが不快に思うかもしれないことは説明をして、ご理解を得られるようにしてきましょう。
 

◆どこまでご挨拶をすればよいの?

実際に騒音や塗料のにおい、振動などで迷惑をかけてしまうかもしれません。
そのため、最低限家が隣接している家にはご挨拶をしましょう。また、余裕があればもう少し範囲を広げましょう。
 

◆ご挨拶の際の手土産は?

手土産を持っていくことによって、ご近所さんに良い印象を与えられ、工事をすることの理解を得やすいです。
手土産の中身は消耗品などで、お手頃なものにするのが無難です。
 
 
ここまで、外壁塗装の際に意外に忘れがちなご近所へのご挨拶をどのようにしたらよいのかについてご紹介いたしましたがいかがでしたか。
実際にご近所にご挨拶に伺うことで、外壁塗装の工事がスムーズに進むようになります。ですから、できるだけご挨拶をしっかりとしましょう。

今すぐお電話をする