意外に知らない!外壁塗装の塗り替えるタイミングとは?

「家を建ててからしばらく経つけど、そろそろ外壁塗装をおこなうべきなのかな?」
などといったような外壁に関する悩みをお持ちではありませんか?
そのような悩みを解決するために、この記事では外壁塗装の塗り替えのタイミングについてご紹介いたします。
 

◆一般的な塗り替えのタイミングとは?

外壁の塗り替えのタイミングを考える際には様々な角度から考える必要があります。
 
・使っている塗料のグレード
使っている塗料のグレードによって、耐久年数が変わってきます。例えば、フッ素樹脂塗料とウレタン樹脂塗料では10年近く耐久年数に差があります。ただ、現在のどのような素晴らしい塗料を使ったとしても、限界は20年ほどです。
 
・環境的な条件
環境的に外壁塗装の劣化が激しい場所にお住いの場合は、少し早めには塗り替えることをお勧めいたします。劣化が激しい場所とは、具体的に海が近い地域や、降雨量が多い地域、日差しが強い地域などといった環境のことです。
 
・メンテナンスをしているか
メンテナンスをすることによって、外壁の寿命を延ばせますし、家自体の寿命を延ばすこともできます。ですから、一度メンテナンスをしたかによっても塗り替えの時期が変わってくることがあります。
 

◆塗り替えのサインとは?

ここまでの内容では、なかなか判断基準が難しく、どのように塗り替えのタイミングを決めたらよいのかわからないといったようなことがあると思います。そこで、すぐにわかる塗り替えのサインについてご紹介いたします。
 
・外壁の汚れ
塗料には、外壁を汚れから守るという働きがあります。もしも、目で見てわかる程度の汚れがついていたら、そろそろ塗り替えのサインです。
 
・塗装の剥がれ
塗装の剥がれは、雨水や紫外線の影響で外壁が傷んでいる証拠です。放置しておくと、さらに劣化が進んでしまいます。塗装の剥がれていないか確認しましょう。早めに外壁塗装を行うようにしましょう。
 
・ひび割れ
ひび割れを放置してしまうと、ひび割れ部から雨水が内部に入ってしまい、家全体を劣化してしまう原因となります。ひび割れを見つけた場合は早めに対処しましょう。
 
・チョーキング現象
チョーキング現象とは、外壁に白い粉がついてしまう現象のことです。この現象が確認できた場合には、塗料本来の働きが失われているということです。このような状況では、家へのダメージが大きくなり、劣化が激しくなってしまいます。外壁を手で触ってみて、白い粉がついたら要注意のサインです。
 
 
いかがでしたか。
外壁塗装が機能しないと、家全体の劣化につながってしまいます。ですから、塗り替えのサインを見つけた場合には、是非外壁塗装の塗り替えを検討してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


今すぐお電話をする