憂鬱な雨漏りの原因とは?春日市の屋根塗装専門業者がお教えします

住んでいる家が雨漏りするようになったらそれだけで、何だか生活が憂鬱になる気がしませんか?
自分の家は大丈夫だと思っていても、実はあなたの家も雨漏りの魔の手が忍び寄っているかもしれません。
雨漏りの原因をしっかり把握して、注意、対応することでいつまでも快適な住環境を維持しましょう!

 

・雨漏の原因と対処、予防法

 

1.瓦のズレ

一年中ずっと雨風にさらされていると、台風や暴風で屋根の瓦がズレてしまい、そこから雨が侵入して雨漏りにつながることがあります。
台風など強い風が吹いた後の日には、ご自宅の瓦をチェックして常に正常な状態をキープしましょう。

 

2.雨樋の詰まり

屋根を流れた雨水を集め下水まで導いてくれる雨樋ですが、雨以外のものがそこを流れることがあります。
特に、植物の葉っぱなどがそこに詰まり、水が正常に雨樋を流れなくなってくると、雨漏りの原因となる可能性があります。
これは、雨樋を定期的に掃除することで回避できます。
何ヶ月かに一回と決めて掃除すると良いでしょう。

 

3.屋根周りのコーキングの劣化

コーキングとは建材と建材の間を埋めてくれるゴムパッキンのようなものですが、これは劣化して割れることがあります。
そうすると、そこから雨水が侵入して雨漏りを引き起こすのです。
屋根周りのコーキングは自分で点検するのは少しハードルが高いかもしれません。
業者に点検を依頼して、必要があれば修繕するのが効果的です。

 

4.屋根自体の劣化

雨風にさらされた結果、屋根は当然劣化します。
屋根の塗装は10年程度、屋根自体は素材にもよりますが30年〜で劣化します。
劣化した屋根では、ヒビが入ったり浮きの発生したり、腐食が進んだりなど様々な雨漏りの原因が発生します。
屋根の経年劣化は完全に防ぐ方法はありません。

 

しかし、屋根塗装を早めに行うことで屋根の寿命を延ばすことができます。
屋根塗装は見た目を綺麗にするだけでなく、防カビや太陽光をの反射などで屋根自体を守ってくれる働きがあるのです。
こまめに屋根の塗装を塗り替えて、屋根を長持ちさせてみてはいかがでしょうか。

 

一口に雨漏りといっても、多種多様な原因がありましたね。
自分で点検、対策できるものから、業者に依頼した方が安全なものもありました。

 

雨漏りは、ただ雨が漏れて不快な思いをするだけでなく、家の中のカビの発生や家自体の老朽化にも大きく繋がります。
大切なマイホームを守るためにも一度屋根周りの状態を確認してみませんか?

 

ハヤトリフォームでは、屋根の耐久性向上につながる屋根塗装を最高のパフォーマンスとアフターケアとともに行なっております。
お気軽にご相談ください。

今すぐお電話をする