方向によって良い色が違う?外壁塗装の風水をご紹介|福岡の方へ

「マイホームにメンテナンスの時期が来た!」
「せっかく外壁の色を変えるなら、風水も取り入れたい」
外壁の色は外観の印象を大きく左右するため、かなり大切です。
しかしどんな色にすれば良いかわからない。
風水と関連させたいとなるとさらにわからないですよね。
そこでこの記事では外壁塗装で失敗しないための色の選び方や方角との関係を紹介させていただきます!
福岡で外壁塗装をしようとお考えの方はぜひ参考にしてみてくださいね。

 

 

□方角によって効果違う?

風水とは、約四千年前に中国で生まれた環境学です。
人の環境や考え方、行動などで、自分を変えることができると言われています。
「北枕は縁起が悪い」という言葉を聞いたことがありますよね。
これはお釈迦様が亡くなられた時に頭を北に向けていたことに由来するそうです。
このように風水は方角によって様々な意味を持ちます。
また、その方角には相性のいい色というものが存在します。
そのため、外壁塗装の色を考える時は方角と色の相性をよく考えるといいでしょう。
ここでは色と方角によって、異なる効果について説明していきます。

 

*北

北は運気を貯め込み増大させる効果があると言われており、この方位には通帳やお財布などを置くとお金が増えます。
また、好きな人との写真などを置くと愛情が育ちます。
黒や水色などの色は相性がいいとされています。

 

*東

太陽が昇ってくる方角です。
五行では「木」の方位を持ち、仕事運を司ります。
東は太陽が昇ってくる方角です。
そのため、活気や元気を与えてくれます。
はっきりしている色との相性が良いとされています。
東と青は相性が良いため、おすすめです。

 

*南

五行では「火」の方位を持ち、人気運を司ります。
南は美容や才能などの芸術的な方面や魅力に大きく影響を与えてくれます。
悪い気を燃やしてくれる方位です。
芸術的な作業をする時はこの方位で行うと良いでしょう。
南は赤と相性が良いとされています。

 

*西

五行では「金」の方位を持ちます。
恋愛運や金運を司るとされ、西の方位は金運の象徴とされています。
お金を象徴する黄金や金などを取り入れると良いでしょう。
相性のいい色も「金」とされています。

 

 

□まとめ

この記事では外壁塗装をお考えの方に向けて、色と方角の関係について紹介させていただきました。
外壁塗装は方角と色の相性によって、持つ意味合いが変わってきます。
外壁塗装に失敗しないためにも、しっかりと情報を集めてから決めましょう。
福岡で外壁塗装をお考えの方はぜひお気軽に私たちにご連絡くださいね。

 

お見積り

今すぐお電話をする