春日市で外壁塗装を考えている方必見!コーキングとは?

外壁塗装をお考えの方に質問です。
コーキングをご存知でしょうか。
外壁塗装をするタイミングで必ずといっていいほど関わってくるコーキング。
今回は、コーキングとは何なのか、特徴について触れながら説明していきます。

□コーキングとは
コーキングは、家に存在するさまざまな隙間を埋めるために使われるゴム状のものです。
最近はシーリングやシールと呼ばれることの方が多く、それらは名前が違うだけで、中身は全く変わりません。
隙間といっても種類は非常に多く、窓サッシと外壁、キッチンのワークトップと壁、外壁と換気扇などさまざまな場所で使われています。
以上からも分かるように、コーキングが用いられない住宅はないといっても過言ではありません。
それにも関わらず、あまり認知度は高くないのが現状です。
 
□コーキングの役割とは
コーキングはただただ隙間を埋めるためのものではなく、重要な役割を持っています。


 
・緩衝材としての役割
1つ目の役割は、緩衝材の役割です。
コーキングは建材と建材の間を埋めるわけですが、建材同士は間をあけて設置したり、移動に余裕を持たせたりする必要があります。
その理由は、建材が温度により膨張したり変形したりすることと、振動などによって多少動いてしまうことが挙げられます。
そうしたときに建材同士がぶつかったり、固定されることにより負担がかかったりすることにより、傷が付く、あるいは破損するということがあります。
家の一部をなす部分が破損すれば、費用がかかることはもちろん、家の機能性の低下などにもつながる恐れがあります。
そうならないように、動いたとしても建材同士がぶつからないように、またコーキング自体が建材を傷つけないために、ゴム質であるコーキングが役に立ちます。
 


・防水材としての役割
2つ目の役割は、防水材の役割です。
これは主に外装に関わる部分や水回りにおける役割です。
上述の通り、コーキングは建材同士の間を埋めるものであり、外装に使えば、雨水の侵入を防ぎます。
同様に、キッチンや浴室などの水回りでは漏水の可能性を防いでくれるのです。
住居に水がたくさん侵入すれば、雨漏りはもちろん、建材の腐食が進行してしまいます。
腐食するということは家全体の安全性が下がり、またメンテナンスコストが余計にかかってしまいます。
ゴム質であるという特徴は防水性という面でも重要な役割を果たしています。
 
コーキング材は住居を健全な状態に保つという意味において、縁の下の力持ちとして重要な役割を果たしています。
外壁塗装を依頼するときはコーキングも丁寧に工事されているか確認するようにしてください。

今すぐお電話をする