春日市で屋根塗装を検討中の方必見、雨漏りの原因を説明します!

雨漏りを経験したことはありますか。
一時的に雨漏りしただけだから、それほど心配していないという方は要注意です。
雨漏りは家が危険な状況にあるサインです。
雨漏りになったそのときから家全体の腐食が進んでいると考えてもいいでしょう。
雨漏り対策の一環として、雨漏りがどういう原因で生じているのか確認していきます。

 

□雨漏りの原因とは
雨漏りと聞けば、屋根や天井からのものを想像される方が多いでしょう。
しかし、実は外壁からの雨漏りも大きな割合を占めています。
そのため、雨漏りが生じたときはまず場所の特定が重要になります。
そのうえで、今回は、屋根からの雨漏りの原因についてご紹介します。
 
*雨漏りが良く発生する場所
ルーフィングの破損、スレートが浮いている部分・ひび割れている部分、コーキングが劣化している部分、瓦の隙間などが挙げられます。
屋根の隙間という隙間から、水分が侵入してくる恐れがあるのです。
 
*雨漏りの原因
雨漏りの原因には、大きく分けると自然被害、屋根の劣化、屋根の施工の質の低さの3種類があります。
1.自然災害
地震による瓦のずれや、暴風雨による塗装の剥がれが原因で雨漏りにつながります。
屋根の被害は目で見て分かりにくいため、大きな自然災害が起きた時は必ず確認するようにしてください。
 
2.屋根の劣化
紫外線や雨を長いこと受け続けたことによって、屋根に経年劣化が生じます。
これは避けられないため、塗料の耐用年数などを確認して定期的に屋根塗装をするようにしましょう。
 
3.施工の質の低さ
例えば、塗装に必要な上塗りや下塗りのどちらかを省いたり、建材同士の接着が甘かったため、すぐにはがれてしまいその隙間から雨が入ったりということもあります。
 
□雨漏りの危険性
雨漏りにより水が浸入し、それが建材に染み込んでいくと、建材が腐食していきます。
腐食が進むと、その部分の耐久性が著しく下がるのはもちろん、腐食が広がることで、家全体の耐久性も損なわれてしまいます。
雨漏りを見過ごしてしまうと、気付いた頃には、被害が拡大して大規模な工事が必要になることもあります。
また、雨漏りが目に見えるようになる前に、屋根裏での雨水の浸食が進んでいることを考えると、一刻も早い雨漏り対策が必要になります。
 
□まとめ
屋根の状態は把握しにくいと思いますが、普段か屋根に問題がないか意識し、定期的にメンテナンスをすれば、雨漏りは防ぐことができます。
大切なお住まいを守るため、点検とメンテナンスは必ずおこなってくださいね。

今すぐお電話をする