春日市にお住いの方へ|外壁塗装の塗り替えをするべき4つの時期!

「そろそろ外壁塗装をする時期?」
「具体的にいつ塗り替えれば良いの?」
こういった外壁塗装の時期に関するお悩みを持っている方は多いのではないでしょうか。
 
外壁塗装のタイミングは大体10年に1回と言われていますが、10年経っていなくても壁が傷んでいたら塗り直さなければなりません。
外壁塗装を適切な時期に行わないと、壁に雨水が入ったり壁の傷みが深刻化したりするので、適切な時期を見極める必要があります。
この記事では外壁塗装をするべき4つの時期についてご説明致します。

 

□チョーキング現象が起こった時

 
チョーキング現象とは、塗料が粉状になることを言います。
チョーキング現象を起こしている外壁かどうかは、触ると容易に分かるので、1度ご自分の家の外壁を触ってみてください。
ここで粉が手についていたら、チョーキング現象が起こっていることになります。
チョーキング現象は、塗料の耐久性がなくなっている状態を表しているので、すぐに塗り直さないと後に説明するクラックの原因にもなります。

 

□クラックが見られた時

 
クラックとは、外壁のひび割れのことです。
クラックが見られた場合は外壁自体が非常に傷んでいる状態なので、すぐに塗り替える必要があります。
ひび割れた箇所から雨水が入って、雨漏りとなる可能性もあるので危険です。

 

□外壁の色が落ちてきた時

 
外壁の色が落ちてきている状態は、塗料が耐久性を失っていることを指します。
放っておくと外壁にもダメージが生じる場合があるので早めに塗り直すと良いでしょう。
外壁の色が落ちてきた時点で塗り直すと、壁の外観が良くなるだけではなく、機能面も守れます。

 

□コーキング材が傷んだ時

 
コーキング材とは、壁と壁の間を埋める材料です。
コーキング材が劣化していると、壁の隙間から雨水や紫外線が入って住宅の傷みになってしまうので、すぐに塗り替えるのがオススメです。
コーキング材が傷んだかどうかは壁と壁のつなぎ目の部分を見ると分かります。
この部分に入っているコーキング材が割れていたり乾ききっていたりする場合は、業者に相談すると良いでしょう。

 

□まとめ

 
この記事では、外壁塗装の塗り替えの時期についてご説明致しました。
壁がひび割れていたり、塗料の耐久性がなくなっていたりした場合は、すぐに塗り直した方が良いことが分かりましたね。
外壁塗装のタイミングを間違えると外壁の傷みが深刻化してしまいます。
ダメージが深刻化すると外壁塗装の費用も多くかかりますので、傷みを見つけたらできるだけ早めに外壁塗装を行うのが理想です。
 
弊社では、塗装工事だけでなく、塗装後のアフターケアも重視しております。
疑問点やお悩みがある方はお気軽にお問い合わせください。

今すぐお電話をする