春日市の業者が解説!外壁塗装の塗り替え時期を示すサインとは?

皆さんの中には、「そろそろ外壁塗装の塗り直しをする必要があるのかな?」と思っている方がいらっしゃると思います。
いつやればよいのかわからないと困りますよね。
そこでこの記事では、外壁塗装の塗り替えの時期についてご紹介します。

◆目安は10年!

外壁塗装の塗り直しの時期は、10年程度が適切だと言われることが多くあります。
これは、塗り直しの時期の目安となるでしょう。

しかし、実際には、塗料のグレードや塗装の質などによって、10年もつこともあれば、もっと早く塗り直しが必要になるかもしれません。
それでは、どのように外壁の塗り替えのタイミングを把握すれば良いのでしょうか?

◆サインがある!

塗料のグレードや塗装の室によって、外壁塗装のタイミングは異なってくるということをお伝えしましたが、実際にどのようなタイミングで外壁の塗り替えをすればよいのかが知りたいですよね。
実は、タイミングを教えてくれるサインがあるのです。

・色に変化
外壁塗装をしたばかりの頃と比べて、ツヤがなくなったり、色が変色したりといった変化はありませんか?
それは、外壁の塗り替えのサインです。
まだ、劣化具合は浅いですが、今後のことを考えると早めの塗り替えも検討しましょう。

・チョーキング現象
皆さんは、チョーキング現象をご存知ですか?
チョーキング現象とは、外壁に触れると、白い粉が付く現象のことです。
チョーキング現象が起きるということは、外壁塗装の効果が弱まっている可能性が高いです。
できるだけ早めに外壁塗装をしましょう。

・藻の発生
外壁に藻が発生することがあります。
これは、防水性が損なわれて、水分を含みやすくなったことが原因で起きています。
家の内部にダメージを与える前に、外壁の塗り替えをしましょう。

・ひび割れ
外壁がひび割れしていると、ひび割れ部分から雨水が侵入して、家の内部に悪影響を及ぼしてしまいます。
早急に対応しましょう。

・塗膜の剥がれ
ひび割れと同様に塗膜が剥がれている部分から雨水が侵入して、家の寿命を縮めてしまうかもしれません。
すぐにでも外壁塗装をしましょう。

基本的にチョーキング現象や藻の発生を見つけたら、外壁塗装をしましょう。
もしも、ひび割れや塗膜の剥がれを発見したら、すぐに対応しましょう。

◆まとめ

この記事では、外壁塗装の塗り替えの時期についてご紹介しました。
塗り替えのタイミングを示すサインを知っておくことで、適切なタイミングで外壁塗装ができるでしょう。
家を守るためにも、塗り替えのサインを見逃さないようにしましょう。

今すぐお電話をする