春日市在住の方へ|屋根塗装の後に雨漏りになってしまう原因とは


屋根塗装をした方の中には、雨漏りになったという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
塗装をしたのに雨漏りになってしまうのは、逆効果ですよね。

では、なぜ屋根塗装をすると雨漏りになってしまうのでしょうか。
この記事では、屋根塗装をして雨漏りになってしまう原因についてご説明致します。

 

□隙間がなくなってしまうと雨漏りになる

特に、スレート屋根は塗装の後に雨漏りになりやすいです。
この屋根は、主にセメントを薄い板状にして敷き詰められています。
丈夫で安価なので、現在では大変人気な屋根であるスレート屋根ですが、空気と雨水の排出のために屋根材と屋根材の間には隙間があります。

屋根塗装をした際に、この隙間を塗料でなくしてしまうと、雨水が外に出られなくなりますよね。
そうすると、雨水が屋根の中に溜まって家の木材を侵食してしまい、雨漏りになってしまうのです。
つまり、屋根塗装による雨漏りは、塗装の際にスレート屋根の隙間をなくしてしまい、雨水が外に出られなくなることが原因で起こっているのです。

 

□縁切り作業を怠った可能性がある

では、なぜ隙間がなくなってしまうのでしょう。
この原因は、縁切り作業を怠ったからだと考えられます。
縁切り作業とは、スレート屋根を塗装した後に屋根材と屋根材の間の隙間にある塗料を切って隙間を保つようにする作業のことです。

この縁切り作業をしないと、先ほど述べましたように、隙間が塞がって雨水が中に貯まったままになってしまうのです。
自分でスレート屋根の塗装をした場合には、この縁切り作業を行わないで放置してしまうことがあるので、忘れずに行う必要があります。
また、この作業を省いたり忘れたりする業者もいるかもしれないので、しっかりと確認しておいたほうが良いでしょう。

 

□心配ならハヤトリフォームにお任せを

ハヤトリフォームでは、アフターケアに力を入れているのでその心配はありません。
周りの業者と比べて丁寧に仕事を行っておりますので、安心してお任せください。

 

□まとめ

この記事では、屋根塗装の雨漏りの原因についてご説明致しました。
スレート屋根は、縁切り作業を行わないと塗料が隙間を埋めてしまい、雨水が外に出られなくなることがご理解いただけたと思います。
雨漏りになると住宅に深刻なダメージが出るので、屋根塗装をする場合は信頼できる業者に頼むのが良いでしょう。
また、屋根塗装を考えている方にはアフターケアに力を入れているハヤトリフォームがオススメだということもお伝え致しました。

今すぐお電話をする