知らなかったなんて言わせない!外壁塗装の放置の危険性

みなさんこんにちは。ハヤトリフォームです。
住宅を有している皆さんは、ちゃんと定期的なメンテナンスを施していますか?
よく聞くのは、「目立った傷もないのに塗装する必要あるの?」「塗装費用ってお金がかかりすぎ」「自分で修理できる」などを理由に塗装工事を後回しにしていることです。
 
しかし、定期的に外壁塗装を施さないと、住宅の老朽化を早めてしまう要因を引き起こす可能性を高めてしまいます。
そこで今回は、外壁塗装の怠りが引き起こす危険性についてお話ししたいと思います。
 

■放置は危険!

まず、放置すると外壁の防水効果が低下してしまいます。
防水機能が落ちると、雨などの水分や湿気の侵入を防ぐことができず、カビやコケの繁殖に繋がります。
 
また、ひび割れた箇所に水分が浸み込むと、外壁内部の木材が腐食しはじめます。
一番最悪なのが、それを餌に集まるシロアリなどの害虫による侵食が始まることです。
 
腐植と侵食が進むと、外壁が崩れ落ちる危険性があります。
外壁の崩れだけではなく、そのような腐食がさらに進むと、家が傾く恐れもあります。
 
しまいには、台風や地震などの自然災害に耐えることができず建物が倒壊する可能性も高めてしまいます。
このように外壁塗装を放置してしまうと、様々な危険性が高まります。
 

■症状に気付いた時にはもうすでに遅い!?

上記のような症状に陥るまで放置していると、気付いた時にはリフォームだけで済まない事態にまで及んでいる可能性があります。
特に外壁内部の腐食にまで及ぶと、状態がひどく損傷していれば、手の施しようが無くなり、その分費用も多くかかってしまいます。
塗装は一度塗ると平均的に10年は持ちますので、長期的な視点から早めの対策を行ってくことが、お家の寿命をより維持できることに繋がります。
 

■定期的なセルフチェック

お家を守るためには、なによりも早期発見と早期対策が大切です。
以下のような項目を自分の目で判断することができるので、異常を発見次第、外壁塗装を検討してみましょう。
・塗装が剥がれている
・カビが発生している
・ひび割れがある
・錆がある
・外壁に汚れが付着している
・腐食している箇所がある
・外壁が変色・変形している
 

■まとめ

いかがでしたか。
外壁塗装の怠りはお家の老朽化を早めて、より住みにくく醜いお家に変えてしまいます。
そこで、日頃から自分の目で外壁をチェックすることと定期的な外壁メンテナンスが、住宅の寿命を延ばす最善策です。
これを機に、外壁塗装を検討してみませんか?

今すぐお電話をする