福岡で外壁塗装を考えている方へ。ひび割れ(クラック)にも種類があります!

自分の家にひび割れを発見し、どうしようかお悩みの方はいらっしゃいませんか。
ひび割れが起きているということは、そこから水などの侵入の可能性があるということです。
損傷を拡大させないためにも、早急に修復する必要があります。
ひび割れにも種類があり、様々な原因があります。
そこで今回は、ひび割れの種類と原因について話をしていきます。

 

□ひび割れの原因
ひび割れの原因は大きく4種類に分かれます。
 
・乾燥収縮
これがひび割れに最も多い原因です。
乾燥によってコンクリート内部の水分が抜けてしまい、コンクリートが固定されている時に、縮もうとするのに両側から引っ張られることによってひび割れが生じます。
 
・不同沈下
地盤が弱い土地に住宅が建っているときに多く見られます。
家の片方だけが傾くことで、重心が基礎の一部分にずれて、その部分の負担が増え、起きてしまうひび割れです。
 
・気温の変化
コンクリートは、気温が急に下がった時に縮むという性質を持っています。
乾燥収縮と同様に、縮む力と引っ張られる力がぶつかり合ってひび割れが生じます。
 
・コンクリートの中性化
コンクリートが長い間外気中の二酸化炭素と触れていることで、内部のカルシウム化合物が中性化したり、鉄筋と触れていることで、コンクリートそのものが中性化したりすることがあります。
他にも地震で急に強い力がかかることによって生じたり、施工不良によって基礎がしっかりできていなかったりすることも原因として考えられます。
 

□ひび割れの種類
・ヘアクラック
名前の通り、ひび割れ部分が髪の毛に似ていて、ひび割れの幅が0.2mm以下の小さなひび割れを指します。
これは塗膜のひび割れで、きちんとした外壁塗装をすれば十分修復可能です。
場合によっては前回の塗装時に使用した塗料が良くなかったということが原因としてあり、そのときは大幅な工事が必要になります。
ただし、そういった場合はほとんどなく、外壁塗装だけで十分です。
 
・構造クラック
これはヘアクラックとは違って、基礎の部分の問題が塗膜に表れている状態で、非常に危険な状態です。
ヘアクラックよりも幅が大きく0.2mm以上となっています。
幅が分かりにくい時は、ホームセンターなどにあるひび割れの幅を測る道具を使うと良いです。
構造クラックは、塗装だけの表面的な修復だけではなく、基礎部分から見直さないと、今後もひび割れが生じてしまいます。
基礎部分に問題があった場合、住宅全体にも何かしらの問題がある可能性がありますので、できるだけ早く業者の方に確認してもらうようにしましょう。
なお、横向きや斜め向きのひび割れは、基礎部分に問題がある可能性が高いので、ひびの幅に関係なく、確認してもらうようにしてください。
 
ひび割れの原因と種類を理解しておくだけでも、対処もスムーズで、被害も最小限にすませることができます。
外壁は住宅を守るうえで重要な役割を果たしています。
日々の点検を怠ることなく、ひび割れを発見した際はできるだけ迅速な対応するようにしてください。

今すぐお電話をする