福岡で屋根塗装!よくある失敗例と注意点を解説

 

 

住宅購入後、時間の経過とともにどんどん劣化していきます。
目に見えるトラブルはすぐに対応できますが、目に見えない部分も劣化しているので、定期的に目に見えづらい部分にも気をつける必要があります。

 

屋根も普段生活している中では見えづらい部分ではありますが、時間とともに確実に劣化しているので、塗装し直す必要があります。

そこで今回は、「屋根塗装の失敗例や注意点」についてご紹介していきます。

 

【屋根塗装の失敗例】

屋根塗装業者をいい加減に決めると、失敗する可能性が高まります。
よくある失敗例として、営業マンのセールストークを鵜呑みにして、施工依頼をしたものの、適当な施工をされたというケースがあります。
施工し直してもらおうとしても、保証がないので費用を追加請求されて予想していたよりも多額の金額が必要になることも良くあります。

 

こういった営業マンに騙されない方法は、事前調査を1社だけに依頼せずに、複数の業者に依頼すると良いでしょう。
1社だけの判断だと、本当に施工が必要なのかを判断できないので、複数の業者に依頼することで必要のない塗装を回避しましょう。

 

【屋根塗装の注意点】

屋根塗装を実際に依頼するときには注意しておくべきことがいくつかあります。
その中でも最も注意するべき点は業者選びです。
どれだけ塗料をしっかりとしたものにしても、実際に塗装する業者に実績がないと満足のいく塗装になる可能性は低くなります。

また、塗装業社の説明をしっかりと理解するためにも、ご自身が屋根塗装についてある程度の知識を持っている必要があります。

 

屋根塗装についてもっともよく理解しておくべき知識は「屋根塗装の相場」です。
屋根塗装の相場は、塗装面積が50~80㎡の場合40~60万円と言われています。
しかし、実際ご自宅の屋根塗装の相場をしっかりと理解するためには、業者に見積もりをしてもらうのが一番でしょう。
1社の見積もりだけだと、本当にその値段が相場かを理解できないので、複数社に依頼して見積もりを出してもらうことで、相場を把握できます。

 

その際に、施工内容を見ることを忘れてはいけません。
費用が安いけれど、施工内容が必要な欠けている場合は、トラブルになってしまうので、最低限トラブルの起こりにくい施工内容の業者に依頼することによって適切に費用の相場を把握してトラブルを防ぐことができます。

 

以上のように、屋根塗装でよくある失敗例は営業マンに騙されないこと、また注意点として業者選びとポイントについてご紹介しました。満足のいく屋根塗装にするために塗装業者をしっかりと選びましょう。

 

福岡の屋根塗装業者にハヤトリフォームがあります。
丁寧な施工と熟練の技で満足のいく塗装を行なっています。
屋根塗装を検討している方はぜひ一度、ハヤトリフォームにお問い合わせください!

今すぐお電話をする