福岡の外壁塗装店が教える!汚れにくい外壁を作るポイント

「外壁塗装を検討しているけど、汚れにくい外壁にするポイントはあるのかな。」
「外壁に使用する塗料によって汚れにくさも変わるのかな。」
外壁塗装を検討した際に、このように思う方は多いです。
しかし、基本的なことを押さえると、外壁を汚れにくくするポイントが意外と簡単だとご存知でしたか?
そこで、今回は外壁塗装をする際に、汚れにくい外壁にするポイントを紹介します。

 

 

□汚れにくい塗料を選ぼう

塗料は外壁を汚れから守るのに非常に重要です。
そして、塗料には様々な種類があり、特徴もそれぞれ異なります。
汚れに強い塗料の種類として、低汚染塗料があります。
今回は3種類の低汚染塗料を紹介します。

 

*シリコン系塗料

シリコン系塗料は、耐久性と汚れへの耐性が優れています。
また、性能が高いのにもかかわらず、他の塗料に比べて費用が比較的安いことが魅力です。
高性能でなおかつ低価格な塗料です。

 

*光触媒塗料

塗料に日光が当たることで、親水性という効果を発揮する塗料です。
耐久性が極めて高く、長い期間塗膜を綺麗な状態で保ち、外壁を汚れから守ります。
光触媒塗料の注意点をご紹介します。
光触媒塗料が性能を発揮するには、日光に当たる必要があります。
太陽の光が当たる箇所に使用する方が、効果的でしょう。
外壁に日光がどれほど当たるか、光触媒塗料を使用する前に確認しましょう。

 

*セラミック塗料

セラミックは非常に硬い成分です。
セラミック塗料にはセラミックが配合されており、塗装後乾燥すると、塗膜にセラミック成分の層ができます。
このセラミックの層は、親水性があり、雨などの水を吸着しやすいです。
そしてその水が壁の下に入ることで、外壁の汚れを洗い落とします。
外壁に汚れが付いてしまっても、定期的に汚れが取れるので、セラミック配合塗料を使用すると、汚れに強い外壁を作れます。

 

 

□費用

低汚染塗料の費用は一般的な塗料よりも比較的高いです。
塗料は油でできていますが、低汚染塗料は水となじみにくい油の性質とは逆の性質を持つため、通常の塗料よりも製作に手間がかかるためです。

 

 

□まとめ

今回は汚れにくい外壁を作るポイントとして、低汚染塗料を紹介しました。
分かりにくそうだったポイントも意外と簡単だと思われたのではないでしょうか。
当社は27年間の塗料販売店としての知識をもとに、福岡を中心に無駄のない「最適で最高」の仕上がりを実現してきました。
また、当社には外壁塗装に詳しいスタッフが多数在籍しております。
ご相談がありましたら、ぜひお問い合わせください。

お見積り

今すぐお電話をする