福岡の外装リフォームの専門家が雨天時の外装塗装の影響と注意点について詳しく解説します!

「外壁塗装中に雨が降るとどうなるの?」
このように、外壁リフォームを考えている方が多くいらっしゃると思います。
しかし、雨天時の外壁塗装の影響と注意点について詳しく知らないですよね。
そこで今回は、福岡の専門家が雨天時の外装塗装の影響と注意点について詳しく解説します。

 

 

□福岡の専門家が解説!外壁塗装にとって雨が大敵な理由とは

外壁塗装は、雨天時には適しません。
第一の理由として、塗料に雨水が混ざったり、雨によって塗料が剥がれたりすることが挙げられます。
その結果、塗装がきれいに仕上がりません。
また、塗料が雨水で薄まる可能性があって通常よりも長持ちしないことも要因です。
湿気によって塗料が乾きにくいので、ひび割れやクレーターといった不具合が起こる可能性が高まります。

 

 

□外壁リフォーム中の突然の雨!その影響とは

 

*工期が伸びる

雨が降っている間や湿気が高い状態では、基本的には作業ができません。
また、自然乾燥が完了するまで作業は実施されないです。
もし天候不良を理由に作業が中断された場合は、必ず理由を尋ねましょう。
きちんと納得した上で、塗装工事を実施するのが良いです。

 

*追加費用

基本的には、天候不良による工程の延期によって追加費用は発生しません。
しかし、長期間の場合は、追加費用が請求されるケースがあります。
そのため、事前に料金システムについて業者に確認をしましょう。

 

 

□雨天時の外壁塗装の注意点

実は、雨以外にも湿気や気温にも気をつける必要があります。
外装塗装は基本的に、3回塗るのがセオリーです。
重ね塗りの場合は、1回ずつ適切な時間をおいて乾燥させる必要があります。
そのため、湿気や気温は工程に大きな影響を与えます。
具体的に避けたい気候条件は、「湿度が85%以上、気温が5度以下」です。
この条件に該当していると、乾燥に時間がかかったり、塗料が凍って塗り替えが実行できません。
無理に工事をしても、後で不測の事態が起こる可能性が高いです。
また、外壁に結露や霧がある時、強風で砂が舞う場合にも作業は向いていません。

 

 

□まとめ

今回は、福岡の外装リフォームの専門家が雨天時の外装塗装の影響と注意点について詳しく解説しました。
この記事を参考にして、天気予報を見て外装塗装を依頼するようにしてください。
ハヤトリフォームでは、外装塗装を随時受け付けています。
専門家がお客様のご要望に沿った最適なプランをご提案し、全面的にバックアップ致します。
ぜひ一度、お問い合わせください。

 

お見積り

今すぐお電話をする