福岡の専門家が外壁リフォームの健康被害について解説します!

「塗料で健康被害に影響が出ないか心配だ」
「塗料による健康被害を受けないための対策について知りたい」
このように、外壁リフォームを考えている方が多くいらっしゃると思います。
しかし、塗料による健康被害について詳しく知らないですよね。
そこで今回は、福岡の専門家が塗料による健康被害の影響と対策について詳しく解説します。

 

 

□福岡の専門家が解説!塗料が人に及ぼす影響とは

 

*シンナー

塗料で有害物質として、一番に思いつくのはシンナーではないでしょうか。
シンナーは、一部の外壁塗装に使用される塗料に含まれています。
シンナーの毒性は、特に妊婦や子どもは吸い込まないように注意しましょう。
また、大人にも同様の健康被害を受ける可能性があります。

 

*ホルムアルデヒト

一部の外壁塗装には、ホルムアルデヒトが含まれています。
これは、シックハウス症候群を引き起こす可能性があります。
シックハウス症候群は、めまいや下痢といった健康被害を引き起こします。
ただし、密閉空間でなければ、シックハウス症候群を引き起こす可能性は低いです。

 

*発揮性有機化合物

発揮性有機化合物は、外壁塗装に多く含まれています。
この物質は、人体に健康被害を引き起こしやすいです。
また、外壁塗装中だけでなく、施工後にも気化し続けるので、注意が必要です。

 

 

□塗料の健康被害を防ぐ方法

 

*業者選びは慎重に

外壁塗装での健康被害を防ぐ対策として、業者選びをしっかりと行うことが挙げられます。
きちんとした業者であれば、見積もりの段階で外壁の状況を丁寧に確認します。
その結果、なるべく健康被害を出さない水性塗料を勧めてくれるでしょう。
以上より、きちんとした業者を慎重に見極めるようにしましょう。

 

*水性塗料を使う

前述した通り、水性塗料は健康被害のリスクを軽減できます。
そのため、なるべく水性塗料を使うようにしましょう。
最近では、油性塗料を使わなくても、水性塗料が代替できるようになっています。
この点に関しては、業者の方に相談してください。

 

□まとめ

今回は、福岡の専門家が塗料による健康被害の影響と対策について詳しく解説しました。
この記事を参考にして、健康被害を防ぐための対策を取ってください。
ハヤトリフォームでは、外装塗装に関するご相談を随時受け付けています。
専門家がお客様のご要望に沿った最適なプランをご提案し、全面的にバックアップ致します。
ぜひ一度、ハヤトリフォームまで気軽にお電話でお問い合わせください。

 

お見積り

今すぐお電話をする