福岡在住の方へ|屋根塗装の失敗例と失敗しないための注意点とは?

屋根塗装は、家の外観を大きく左右するので絶対に失敗したくないですよね。
失敗してしまうと外観だけではなく、屋根の機能面も劣化してしまい、雨漏りにつながることもあります。
 
そんな屋根塗装ですが、実は非常に失敗例が多いのです。
知らなかったでは手遅れになる場合もあるので、この記事では屋根塗装の失敗例とそうならないための注意点についてご説明致します。

 

□ケース1:安い見積もりに飛びついたらしばらくして塗装が傷んできた

 
これは、見積もりの安さだけを見て外壁塗装をしたことで起こってしまう失敗です。
あなたがどんな値段を支払っても、業者は自分の利益が出ない工事はしません。
 
では、どこで経費を削減するのでしょう。
答えは、塗装作業の人件費や塗料の材料費です。
安さだけを売りにしている業者の中には、低品質の塗料を使って材料費を浮かせたり、見えないところで手抜きをして人件費を安く抑えようとしたりする業者がいます。
業者を選ぶ際には、値段の安さだけに飛びつかないように注意すると良いでしょう。

 

□ケース2:脅されるままに依頼してしまった

 
「脅されるままに依頼してしまったけど全然納得できない。」という失敗例はよくあります。
これは、訪問販売に多い手口で、すぐに塗装をしないと大変なことになると、半ば強引に契約させられてしまうのです。
 
これを防ぐためには、訪問販売員の話を聞いて即決するのではなく、そのあとに他の業者の話を聞いてみる意思表示をするのがオススメです。
もしそこで他の会社の見積もりを強引に止められる場合は、悪徳業者の可能性が高いので注意すると良いでしょう。

 

□ケース3:業者が失敗を隠していた

 
屋根塗装をよく知らない顧客側を欺いて利益を上げようとする悪徳業者はとても多いです。
中でも、塗装の失敗を隠してしまう悪徳業者は多く存在します。
 
なぜなら、失敗を直していると工期が長引いてコストが余計にかかるからです。
こういった隠蔽はすぐには気づかず、1年から2年後に異変に気付くので、非常にタチが悪いと言えます。
そうならないために、自分が心から信頼していない業者には頼まないように注意すると良いでしょう。

 

□まとめ

 
この記事では、屋根塗装の失敗例とそれを未然に防ぐための注意点についてご説明致しました。
値段だけで業者を選んだり、乗せられるままに塗装を依頼してしまったりすると危険だということが分かりましたね。
格安業者や悪徳業者にひっかからないためには、業者と細かい点まで話し合うことが大事だと言えます。
複数の業者に見積もりを取ってもらって、信頼して工事を頼める業者に依頼するのがオススメです。
 
弊社では、塗装工事だけでなく、塗装後のアフターケアも重視しております。
疑問点やお悩みがある方はお気軽にお問い合わせください。

今すぐお電話をする