福岡市で外壁塗装の塗り替え時期にお悩みの方必見!専門家が解説します!

「外壁塗装の塗り替え時期はいつなのだろうか」
福岡市でこのようなお悩みをお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで、この記事では外壁塗装のタイミングと外壁の劣化症状、長持ちさせるためのコツを紹介します。
ぜひ参考にしてください。

□外壁塗装を行うタイミングの目安は?

まず、外壁塗装を行うタイミングは、いつが良いのでしょうか。
結論から言うと、家を建てた後は10年程度とされています。

短いと感じる方もいるかもしれませんが、現代の日本の住宅は高温多湿な環境にコンクリートを基礎に用いて建てられています。
そのため、床下の風通しが悪く、木材が劣化してしまいます。

その他にも、築10年で外壁塗装を行うべき理由は、3つあります。

1つ目が、日本の多くの住宅では外壁に窯業系サイディングボードを使用しているからです。
これは、主成分がセメントであるので、防水性能がほとんどありません。

そのため、工場から出荷する際に防水性を持たせていますが、その性能も5年から7年程度しか保ちません。
そのため、築10年を目安に外壁塗装を行うのが良いといえます。

2つ目が、建物の美しさを保つためです。
外壁は日々紫外線や雨風にさらされているので、色褪せや塗膜が徐々に劣化します。
そのため、劣化を放置すると、色褪せやひび割れが起きてしまい、見た目にもよくありません。

また、定期的に外壁の塗り替えを行うと、色味やデザインを変えられるので、気分も一新できますよ。

3つ目が、外壁を保護するためです。
塗料は、外壁を雨風から守り、建物が劣化することを防ぎます。
定期的なメンテナンスをし、建物の耐久性を高く保つためには、築10年を目安に外壁塗装を行いましょう。

□外壁の塗り替えを行うべきサインとは?

塗り替えを行う必要があるとわかっていても、どのような症状を目安にすれば良いのかわからないという方も多いでしょう。
そこで、劣化のサインを4つ紹介します。

1つ目が、チョーキングです。
塗料は、樹脂や顔料、接着剤が混ざっています。
それらが日々、外部の様々な要因にさらされることで、徐々に劣化します。

そうなると、外壁を触った時に手に粉のようなものがつくチョーキングという症状が起こります。

2つ目が、色褪せです。
これは家を建てたり塗り替えを行ったりしてから徐々に起こるので、なかなか気づきにくいです。
そのため、定期的に塗り替えてすぐの写真と見比べたりしながら確認しましょう。

3つ目が、ひび割れです。
これは、クラックとも呼ばれる症状です。
幅が0.3ミリメートルで深さが4ミリメートル以上のものを構造クラック、それより軽度のものをヘアークラックと言います。

構造クラックは、外壁の下地まで割れて、雨水の浸入や害虫の侵入を許すリスクがあるので注意が必要です。

4つ目が、コーキングの劣化です。
これは、樹脂性のゴムのような部材で、窯業系サイディングボードや窓枠の目地に使われています。

塗装よりも早く劣化するので、定期的にコーキングだけの点検が必要です。

このようなサインを見つけたら、外壁の再塗装を行うことを検討しましょう。
ご自身で判断できない場合は、ぜひ当社にご相談ください。

□外壁材を長持ちさせるためのコツとは?

ここまで、塗り替えを10年ごとに行うべき理由と、外壁の劣化のサインについて解説しました。
最後に、外壁を長持ちさせるためのポイントを紹介します。

1つ目が、長持ちする外壁材の種類を選ぶことです。
例えば、金属系サイディングは10年から15年程度のメンテナンス周期です。
タイルであれば、約20年程度のメンテナンス周期です。

タイルは、経年による劣化や変質が起こりづらいので、あまりメンテナンスの手間をかけたくないという方におすすめです。
ただし、どのような外壁材を使用しても、定期的なメンテナンスを怠らなければ、少しでも長持ちさせられます。

2つ目が、掃除です。
外壁材には、防汚性や遮熱性、防水性、防カビ性など様々な機能が備わっています。
しかし、塗装の汚れがひどくなると、これらの機能が発揮されなくなり、劣化のスピードが早まります。

そのため、洗車用の柔らかいモップやブラシを使って掃除をすることが大切です。
家庭用の高圧洗浄機も近年では手にとりやすくなっているので、それらを使用するのもおすすめです。

3つ目が、定期的な塗り替えを行うことです。
外壁に前述したような劣化症状が見られる場合には、定期的な塗り変えを行いましょう。

外壁塗装の効能が薄れてしまうと、外壁材だけではなく住宅の基礎の部分まで劣化が進む可能性があります。
そのため、劣化症状を見つけたら定期的に塗り替えを行いましょう。

以上が、外壁材を長持ちさせるためのポイントです。

□まとめ

この記事では、塗り替えを10年ごとに行うべき理由と、外壁の劣化のサイン、外壁塗装を長持ちさせるコツについて解説しました。
日々劣化しているということをしっかりと認識して、定期的なメンテナンスを行えば、外壁塗装は長持ちします。
塗装についてお悩みの方はぜひ当社に一度ご相談ください。

今すぐお電話をする