福岡市で屋根塗装をお考えの方へ!屋根塗装の必要性をご紹介します!

福岡市で屋根塗装をお考えの方にぜひ知っていただきたいのが、屋根塗装の必要性です。
屋根塗装はなぜ必要なのでしょうか、またどのタイミングで行えば良いのでしょうか。
この記事では、屋根塗装をする必要性、タイミングとおすすめの季節、塗装以外の補修方法について解説します。
ぜひお役立てください。

 

□屋根塗装の必要性とは?

屋根塗装はなぜ必要になるのでしょうか。
ここでは、その必要性について解説します。
瓦以外のスレート、金属屋根、セメント瓦、ガルバリウム鋼板などの屋根材は、塗装完了後の塗膜がある状態で販売されます。
そんな屋根ですが、数年経過するとこの塗膜が劣化して保護機能が低下してくるため、再度塗装を施す必要があります。

屋根を正常に保護できないと屋根や建物の劣化が早まってしまいます。
そのため、屋根を長く使いたい方、今の住まいに長く住みたい方には、屋根塗装が必須になってくるのです。
以下、そんな屋根塗装の必要性についてご説明します。

 

*美観・保護・機能性

塗装の役割は大きく美観・保護・機能性の3つに分けられます。
ここでは、それぞれがどのような役割を果たしているのかについてご説明します。

まず1つ目の美観についてですが、塗装を施すことで屋根に色とツヤを表現し、住まいをキレイに見せる役割です。
時の経過とともに劣化した屋根を再び塗装することで元の色に塗り直す場合、違う色に変える場合などが、最もイメージしやすいでしょう。

次に2つ目の保護についてですが、瓦以外の金属屋根やスレートなどの屋根は、それぞれ紫外線や雨風、サビの発生に対して耐久性が高くありません。
そのため、塗装による保護がないとすぐに劣化してしまうのです。
塗装を施して表面に塗膜を形成することにより、外的な要因による悪影響を最小限に抑えられます。

最後に3つ目の機能性についてですが、塗料のタイプによって遮熱や断熱、防カビ、セルフクリーニングといった機能を持たせられます。
たとえば、遮熱機能を付加すれば、太陽光によってもたらされる熱を反射し、屋根表面の温度上昇を抑えられます。
これにより、屋根の劣化や塗料の色褪せを最小限に抑えられるのです。

 

*家を守っているのは保護の役割

ここまで、屋根塗装の3つの役割についてご説明しました。
屋根に美観を持たせる役割、屋根を劣化させる要因から保護する役割、機能性を付加する役割でしたね。
この3つの中でも、特に重要だと言えるのが保護の役割です。
それは次の理由からです。

塗装による保護がない場合、屋根の劣化によって建物内に水が入り込み建物そのものの劣化原因となってしまいます。
仮に柱や壁といった建物の重要部分が劣化してしまうと、補修に莫大な費用がかかってしまいます。
このことから、屋根塗装の保護機能が最も重要であり、屋根塗装が必要になる1番の理由なのです。

 

□屋根塗装をするタイミングとおすすめの季節をご紹介!

ここまで、屋根塗装の必要性についてご説明しました。
では、実際に屋根塗装をする際には、どのようなタイミングで、どの季節に行えば良いのでしょうか。
ここでは、そのタイミングと季節について解説します。

 

*タイミング

屋根塗装のタイミングは、屋根の種類次第で大きく変わってきます。
以下、種類ごとのタイミングの目安です。

・スレート系(カラーベスト・コロニアル):7年~8年
・セメント系瓦:10年~15年
・粘度系瓦:20年~30年
・金属系(トタン):5年~8年
・金属系(ガルバリウム鋼板):20年~30年

上記のように、屋根のタイプ別の寿命には、5年~30年の差が存在しています。
見た目の劣化は当然のこと、屋根材や塗料の種類についてもきちんと確認しておきましょう。

また、屋根のひび割れや腐食、色褪せなどの劣化症状があれば黄色信号です。
どの程度の劣化なのかを確認し、深刻な場合は補修が必要になるでしょう。

 

*季節

屋根塗装におすすめの季節はいったいいつなのでしょうか。
結論から言うと、雨の少ない季節がおすすめです。
雨が降ると施工ができなくなり、工期が伸びてしまうからです。
そのため、雨量の多い梅雨の時期は避けた方が良いでしょう。

ただし屋根塗装は基本的にオールシーズン行える工事なので、梅雨の時期でももちろん工事可能です。

 

□塗装以外の補修とは?

塗装でカバーしきれない程劣化が進行している場合、どのような方法で補修すれば良いのでしょうか。
以下が代表的な補修方法の例です。

・葺き替え工事
・カバー工法
・部分的な補修

劣化が深刻で、塗装だけでカバーできないような場合は、ぜひ一度上記の方法を検討してみてください。

 

□まとめ

今回は、屋根塗装をする必要性、タイミングとおすすめの季節、塗装以外の補修方法について解説しました。
上記の内容を理解した上で納得の行く屋根塗装を実現しましょう。
屋根塗装をお考えの方は、ぜひ参考にしてみてください。
ご不明点がございましたら、お気軽に当社までご相談ください。

 

お見積り
今すぐお電話をする