福岡県で外壁塗装をするなら、ハウスメーカーか地元の業者かどちらがいいの?

「外壁塗装を頼みたいけど、大手のハウスメーカーにしたらいいのか、地元の工務店にしたらいいのかわからない。どのような違いがあるのだろう」
このように、お悩みの方はいらっしゃいませんか?
外壁塗装を行う上で、どのような業者に頼むのかはとても重要です。
そこで今回は「ハウスメーカーと工務店の違い」をご紹介します。

 

□ハウスメーカーと地元の施工業者による違いはどのようなものがあるの?

1番大きな違いは、どのように施工するかです。
その違いによって、価格差や施工工程、保証期間にも影響が出てきます。
それぞれどのような点が違うのか詳しく見ていきましょう。

 

□価格差はなぜで出るの?

ハウスメーカーは塗装業者に頼んだ場合の1.5倍~2倍の価格差が出る場合があります。
その理由は塗装費の他に「広告宣伝費」をかけているためです。
さらに、下請け業者に依頼することもあるため、間に入る企業が多くなるたびに費用が高くなる現状があります。
もしハウスメーカーの営業エリアから離れたところで施工をすると、移動費もかかるため注意が必要です。
反対に、地元の塗装業者の場合は、地域密着型の営業をするところが多いため、移動費がかからずに済むことが多いです。
自社で施工を行う業者を選ぶと、中間費用がかからないためさらにお得になります。

 

□工程の違い

次は、どのような工程で施工を行っていくのかを見ていきましょう。

1.見積もり依頼を受ける
2.現地の調査を行う
3.見積もり内容を提出する
4.見積もり内容に納得した場合は契約する

地元工務店もハウスメーカーもここまでの流れは同じです。
しかし、ここから違いが生まれます。
地元工務店は、この後すぐに施工に移ります。
しかし、ハウスメーカーは、

5.下請け業者に依頼
6.孫請け業者に依頼

上記の流れを踏み、ようやく施工に移る場合があります。
このような流れになるため、ハウスメーカーの場合は費用がかなり高くなってしまう現状があるので、注意しましょう。

 

□保証期間の違い

ハウスメーカーの場合は、費用が高くなる代わりに保証期間をしっかりと長期間とることが多いです。
そのため、安心できる点がメリットです。
ただ、施工地域が営業エリア外の場合は何か問題が起きたときにすぐに駆けつけられない点には注意しましょう。

反対に、地元工務店では、保証やアフターフォローの充実度合いがそれぞれ違います。
業者によって、どのような保証が受けられるかを、契約前にしっかりと確認しておくことが重要です。

 

□まとめ

今回は「ハウスメーカーと工務店の違い」をご紹介しました
工務店の場合は、作業期間が短く、無駄な打ち合わせや仲介料が発生しないため割安です。
しかし、保証があまり効かない可能性があります。
ハウスメーカーの場合は、保証期間がしっかりしている代わりに、費用が工務店より高くなります。
ベストな選択は、工務店で手厚い保証があるところに依頼することかもしれません。
ぜひ、この機会に外壁塗装を工務店で行ってみてはいかがでしょうか?

今すぐお電話をする