福岡県で外壁塗装|外壁の劣化を防ぐためにメンテナンスをしよう!

 

「そろそろ外壁塗装をしたいけど、そもそも外壁が劣化する原因は何だろう?」
「どのようにメンテナンスをするのがいいのだろう?」
このようにお悩みの方はいらっしゃいませんか?
そこで今回は「外壁が劣化する原因」「外壁塗装後のメンテナンス」についてご紹介します。

 

□外壁が劣化する原因

とても頑丈そうに見える外壁はなぜ劣化してしまうのでしょうか?
外壁が劣化する原因は、3つあります。
それぞれ順番に見ていきましょう。

*紫外線

紫外線は人間の体にもダメージを与えます。
しかし、外壁にもダメージを与えています。
日光が当たりやすい南側の外壁の劣化が激しいことが多いです。

*経年劣化

種類にもよるものの、塗料は年月が経つにつれて劣化します。
しかし、レンガなどの無機物で作られた外壁は経年劣化が起きません。

*雨風

雨は酸性なので、雨が当たり続けると劣化します。
さらに、風の影響で様々な粒子が飛んできてしまうため、それらが毎日当たり続けると次第に劣化が進みます。

 

□なぜメンテナンスが必要なのか

外壁は家の構造を守ってくれているため、その外壁が破損してしまうと中の構造体までダメージを受けてしまいます。
構造体がダメージを受けることで起こる不具合を修理すれば、莫大な修理費用がかかります。
外壁のメンテナンスを行うことは、費用の抑えにもつながります。
そのため、外壁のメンテナンスをする必要があるのです。

 

□塗装後のメンテナンスは定期的に行おう

外壁塗装後も無料で定期的に点検する業者は多いです。
先述したように、外壁は雨風や紫外線によってどんどん劣化します。
塗料の寿命は一般的には約10年だと言われています。
そのため、外壁塗装を行うだけでなく、その後のメンテナンスまで力を入れている業者に依頼するのがおすすめです。
さらに、専門家に頼らずとも、外壁が劣化しているかどうか見分ける方法もあります。
外壁の表面を触ってみて、手に白っぽい粉がつくかどうかを見てみましょう。
外壁の表面から粉が出るのは「チョーキング現象」と言い、外壁が劣化している証なので、塗り直しを検討するべき目安になります。
また、カビやコケ、色落ちなどを発見した場合は、業者に点検を依頼してみるのがおすすめです。

 

□まとめ

今回は「外壁の劣化原因」「外壁塗装後のメンテナンス」についてご紹介しました。
外壁の劣化は雨風や紫外線、経年劣化によって起こります。
そのため、塗装後も10年くらいのスパンで定期的にメンテナンスをすることが大事です。
もし何かわからないことがありましたら、お気軽にご相談くださいね。

今すぐお電話をする