黄砂は体に悪影響?解説します!|福岡の外壁塗装

「福岡で外壁塗装についてお考えですか?」
日本の西に位置する福岡ではその土地に特有のものがあります。
それが偏西風に乗って中国などからやってくる黄砂です。
この記事ではそんな黄砂が体にどんな影響があるのかをご説明させていただきます。
福岡で住宅、外壁塗装をお考えの方はぜひ知っておくようにしましょう。

 

 

□そもそも黄砂とは?

黄砂について名前はよく聞くことがありますが実際にはどんなものなのか知らないという方も多いのではないでしょうか。
そこでまずは黄砂とは一体なんなのかから説明させていただきます。
日本の西側には中国がありますよね。
その中国にはタクラマカン砂漠、ゴビ砂漠のような砂漠、黄土高原のような高原があります。
ここにある小さな砂が偏西風という東に向かって吹く風によって運ばれ、これが黄砂と呼ばれています。

 

 

□黄砂は健康への影響がある?

黄砂は砂なので当然車や洗濯物などが汚れてしまうという影響があることは知られていますが、人体への影響はあるのでしょうか。
結論としては少なからずあるでしょう。
黄砂は春から夏にかけての時期に多く観測されますが、この季節は日本で花粉症に苦しむ人が多い時期でもあります。
花粉と黄砂を一緒に吸い込んでしまうと、花粉単体のみを吸引する場合よりも症状が重くなったり、今までは花粉症ではなかった人が急に花粉症になってしまったりといったことがあります。
これは黄砂に付着している微生物やカビの死骸などが原因と考えられています。
また黄砂が日本にくる際には中国の北京を通ってきます。
北京には多くの環境汚染物質があり、これも健康に悪影響があります。

 

 

□黄砂と外壁塗装の関係

外壁塗装をお考えの方が気になるのは、外壁塗装と黄砂の関係ではないでしょうか。
外壁塗装の工事を行う時期に黄砂の関係はそこまでないでしょう。
黄砂や花粉が飛んでいる春の時期に外壁塗装をする場合は、職人が花粉、黄砂で困ってしまったり、作業効率が悪くなったりするかもとお考えかもしれませんね。
しかしきちんとプロ意識を持った業者に依頼することでそれは避けられます。
むしろ春は塗装も乾きやすく外壁塗装に優れた季節と言えるでしょう。

 

 

□まとめ

この記事では外壁塗装をお考えの方に向けて、黄砂について紹介させていただきましたがいかがでしたか?
黄砂は少なからず人体に影響があるため、テレビのニュースなどで黄砂が舞う可能性がある日を確認して、マスクをして出かけるなどの対策をしっかりすることが大切です。
そんな春の季節に外壁塗装をするのはどうなのかとお考えの方もきちんとした業者選びをすることでむしろ春は外壁塗装に優れた季節となります。
福岡で外壁塗装をお考えの方はぜひ一度私たちにご相談くださいね。

 

 お見積り

今すぐお電話をする