3分でわかる!外壁塗装業者の選び方

みなさん、こんにちは。
住宅の新築から10年ほど経ったので、そろそろ外壁塗装の工事をしなければいけないと思っている方も多いのではないでしょうか?
しかし、どうやって外壁塗装の業者を選べばいいのかわからないという方も多くいらっしゃると思います。
そこで、今回は外壁塗装業者の選び方についてご紹介しようと思います。
 
外壁塗装業者には大きく3つの種類があります。
その種類ごとに解説していきます。
 

1、ハウスメーカー

ハウスメーカーはブランドもあるので、安心感があります。
しかし、そのブランドだから信頼しても大丈夫というわけではありません。
というのも、ハウスメーカーが外壁塗装を受注しても、結局下請け業者に流すので、そのハウスメーカーが施工するわけではないためです。
 
そして、最悪の場合その下請け業者の中には無許可の業者や、経験不足の業者が含まれている可能性すらあるのです。
家を「そのハウスメーカーで建てたのだからその業者で外壁塗装をしなければいけない」ということは全くありませんので、しっかりとした業者を選ぶようにしましょう。
 
もし、ハウスメーカーに依頼する場合は、下請け業者の名前もしっかりと聞き出し、その下請け業者を調べて信頼できるのか確認するようにしましょう。
 

2、工務店

新築業務に力を入れている業者が多く、外壁塗装をオマケ程度にしか考えていません。
そのため、下請けの業者に流すか、自社で適当にする場合があります。
 
また、外壁塗装の知識を持ち合わせていないことも多いので、しっかりとその業者が知識を持っているのか、確認するようにしましょう。
こちらもハウスメーカーと同じく、受注する場合は、下請け業者のことまでしっかりと調べて判断しましょう。
 

3、ペンキ屋(塗り替え専門店)

地域に密着している業者が多く、熟練した信頼できる技術を持っている可能性が高いです。
しかし、その一方で、無許可、無資格、知識不足で施工している業者も多いことが事実です。
 
しっかりと、そのペンキ屋の口コミを調べること、そして、許可や資格を保有しているのか確認することを忘れないようにしましょう。
そして、アフターフォローまで徹底している業者を選ぶようにするのがオススメです。
 
 
以上が、外壁塗装業者の選び方でした。
いずれにしても、許可や資格の有無、評判をしっかりと確認することが必要不可欠であるといえるでしょう。
これらのことをしっかりと意識して、外壁塗装の業者を選ぶようにしましょう。

今すぐお電話をする