福岡県春日市の外壁塗装・塗替えリフォームはハヤトリフォームへ!

メイン画像
  • 施工実績
  • プロフェッショナル
  • お見積り
  • 専門店プラン

トップページ  >  専門家コラム一覧  >   知らないと損!外壁塗装を放置するとどうなる?塗り替えるタイミングもご紹介

知らないと損!外壁塗装を放置するとどうなる?塗り替えるタイミングもご紹介

2018年05月02日

みなさんこんにちは。ハヤトリフォームです。
早速ですがみなさんに質問です。
「外壁塗装はいつしましたか?」

外壁塗装を10年以上施していない方は要注意です!
「外傷も汚れもないから大丈夫」「塗装費用はお金がかかる」「今どきDIYでできる」などを理由に塗装工事を後回しにしている方が少なくないと思います。

しかし、定期的な外壁塗装を施さなければ、住宅の老朽化を早めてしまう様々な要因を引き起こしてしまう可能性があります。
そこで今回は、外壁塗装の放置が引き起こす危険性について説明したいと思います。

■放置の危険性

外壁塗装の放置は住宅の老朽化を早める要因を引き起こしてしまいます。
まずその早める要因の一つとして、外壁の防水効果低下が挙げられます。
この防水機能が落ちてしまうと、外部からの水分や湿気の侵入を防ぐことができず、これがカビやコケの繁殖に繋がります。

また、外壁のひび割れた箇所に水分が浸み込むことで、外壁内部の木材が腐食し始めてしまいます。
最悪のケースは、それを餌に集まるシロアリなどの害虫による、木材の侵食が始まることです。
腐食と侵食が進むと、外壁は一層脆くなりその時にはリフォームだけでは済まない状態になってしまいます。

そのような腐食がさらに進めば家が傾き倒壊の恐れが生じます。
万が一、台風や地震などの自然災害がおきると、簡単に建物が倒壊してしまう可能性すらあります。

■腐食に気付いた時はもう手遅れ?

上記で述べましたが、そのような状態にまで放置してしまっていると、リフォームだけでは済まない事態になっているかもしれません。
外壁内部にまで腐食がひどく進行していると、もう手の施しようが無くなり、本来の外壁塗装費用以上の莫大な費用がかかってしまいます。

塗装は一度塗るだけで(塗料の種類にもよりますが、)平均的に10年前後は持ちますので、長期的な視点から考慮して、早めの対策を行っておくことが大切です。

■自分の目でセルフチェックしよう!

外壁塗装が必要かどうかよりも、外壁の異常を早期発見・早期対策することが大切です。
自分の目で見て判断することができるので、以下の項目が当てはまるかどうかチェックしてみましょう。
・ひび割れがある
・カビが発生している
・腐食している箇所がある
・錆がある
・塗装が剥がれている
・外壁が変色・変形している

■まとめ

以上、外壁塗装の放置の危険性について解説いたしました。
今回お伝えしたセルフチェック項目を是非活用してみてください。
もし外壁塗装をご検討であれば、お気軽に弊社へお問い合わせくださいませ。

  • お見積り
  • 現場ブログ
  • 信頼の実績
  • 資料請求
  • トップページ
  • 他店との違い
  • 職人紹介
  • 施工の流れ
  • 本当のお客様の口コミ
  • ご近所の施工例
  • 社会活動
  • お見積り
  • Q&A
  • 基礎知識
  • ハヤトの理念
  • 会社概要
  • プライバシーポリシー
  • 日本建築塗装職人の会
  • めざましテレビ出演
  • 専門家コラム