福岡県春日市の外壁塗装・塗替えリフォームはハヤトリフォームへ!

メイン画像
  • 施工実績
  • プロフェッショナル
  • お見積り
  • 専門店プラン

トップページ  >  専門家コラム一覧  >   ひび割れを見つけたら外壁塗装を、クラックについて福岡の業者が解説

ひび割れを見つけたら外壁塗装を、クラックについて福岡の業者が解説

2018年08月02日

「何気なく外壁を見るとひび割れが見つかった、大丈夫なのかな…」
このような心配をなされている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

知らないうちに外壁にひび割れ・クラックは生じるものですので、どのようなものなのかが気になりますよね。
今回は、この外壁に生じるひび割れ・クラックにつてお話ししていきます。

 

◎クラックとは?ひび割れが起こる原因

クラックとは裂け目あるいは割れ目を意味し、外壁に関していえば建築物の壁や床などにひび割れが起こっている状態のことを指します。
これは、建築時の施工業者の力不足によって起こるというよりは、建物が地面などから受ける衝撃に因ることが多いです。
住宅に負荷がかかったときに建築物が対応できなくなると力を逃がすために作られるとイメージするとわかりやすいと思います。

 

このクラックはモルタル・鉄筋コンクリート・サイディングといったあらゆる壁に見られるものなので、築年数が長いとどの住宅においてもひび割れが発生することは不思議ではありません。

 

◎ひび割れの何が問題なのか?

ひび割れをおこすことによって耐久性が低下するのも問題ですが、一番深刻なのは雨水や湿気が浸入することです。
木材を腐食させ、鉄筋を錆びさせることになり、構造物としての家屋全体を支える丈夫さが著しく損なわれてしまうことになります。
そうなると、本来あるとされている耐久性が低下して、ちょっとした衝撃でも大きな損壊につながることがあり、住まいの空間としては大変危険な状態になります。

 

◎クラックの種類

外壁に生じるひび割れ、クラックは主にヘアークラックと構造クラックという二種類に分類されます。
ヘアークラックというのは、幅が数ミリメートル程度の細めのひび割れでチェッキングとも呼ばれています。
経年的な要因であることが多く、ひび割れも外壁の外側にある塗膜や外壁そのもののごく一部までですので、すぐに補修する必要はなく様子見でも構いません。しかし、これが構造クラックと呼ばれる状態、幅が大きく深さも塗膜の底まで割れている場合には、下地にも大きな損傷が起こっている可能性がありますので、早急に対応することが必要になります。

◎外壁塗装の注意点

ここまでお読みになられると、「大変だ、すぐに業者に依頼しないと!」と焦ってしまうかもしれませんが、今日中に何とかしないと壊れるというわけではありませんので、まずは落ち着いて行動してください。
焦りすぎるあまりに近くにある外壁塗装業者やインターネットで見たリフォーム会社、あるいは訪問販売で来ていたところに依頼してしまうのはむしろ危険です。

 

というのも、外壁塗装は業者によって工事の質が大きく異なってきます。「大手だから…」と安心して契約したら失際に工事をしたのは下請けの質が高いとは言えない業者だったということも少なからずあります。
一時的にしのいでもすぐに補修が必要になるとまた余計に費用がかかって大変ですので、依頼する業者選びはじっくりと行うことが大切になります。

 

◎最後に

今回は、外壁のひび割れに関することを三つの観点でお話いたしました。
ぜひ、参考にしてください。

  • お見積り
  • 現場ブログ
  • 信頼の実績
  • 資料請求
  • トップページ
  • 他店との違い
  • 職人紹介
  • 施工の流れ
  • 本当のお客様の口コミ
  • ご近所の施工例
  • 社会活動
  • お見積り
  • Q&A
  • 基礎知識
  • ハヤトの理念
  • 会社概要
  • プライバシーポリシー
  • 日本建築塗装職人の会
  • めざましテレビ出演
  • 専門家コラム